イヌリンの効果と効能・副作用

イヌリンとは植物によってつくられる天然の多糖類の一種です。多糖類とは糖質の最小単位である単糖が多数結合したもののことを言います。砂糖やでんぷんなどの糖類の仲間になるのですが人間の身体はイヌリンを分解する酵素を持っていないためイヌリンを摂取してもほとんど吸収されずに体外へ排出されます。主に菊芋、チコリ、タンポポ、ゴボウなどの根や地下茎に畜えられます。
イヌリンの効果や効能は様々あります。まず糖尿病の予防・血糖値上昇の抑制を行う働きが期待できます。糖尿病は血糖値を調整するインスリンが不足していまい血糖値が上昇することによって引き起こされます。イヌリンは水に溶けるとゲル化することで胃から小腸への食べ物の移動を緩やかにすることができます。そうすると食べ物に含まれている糖質の吸収速度もゆっくりになり血糖値の急な上昇を抑えてくれます。

生活習慣病のひとつである糖尿病は様々な合併症を引き起こします。合併症のひとつである動脈硬化が進むと脳卒中や心筋梗塞を起こしてしまうリスクが高くなり命に関わる病気につながることもありますので血糖値の上昇を抑えてくれえるイヌリンの摂取は身体によい効果をもたらせてくれます。また腸内環境を整えたりダイエットにも期待できます。イヌリンが分解されるとフラクトオリゴ糖という物質になります。人間の腸の中には良い働きをしてくれる善玉菌と悪い働きをする悪玉菌、普段は身体に害を及ぼさないのですが体調を崩すと悪玉菌になってしまう日和見菌があります。

フラクトオリゴ糖を摂取することによって善玉菌を増やすことができたという実験結果があります。イヌリンを摂取するとゲル化するとともに腸内環境を整えてくれるので便がスムーズに腸内を通るようになるので便通が良くなり便秘の解消につながります。お腹が圧迫されて便秘になりやすい妊婦さんに特におすすめです。市販の便秘薬には子宮の収縮を引き起こすリスクがありますので服用することによって流産や早産につながる恐れがあります。イヌリンは天然の成分なので安心して摂取することができます。
またイヌリンはほとんど身体に蓄積されず脂肪や糖分など老廃物を絡めると体外に排出してくれるのでダイエットにとても効果的です。さらに人間に身体は食事をとると血糖値が上昇するため、それを抑えるためにインスリンが分泌されます。インスリンが分泌されると脂肪がたまりやすくなります。イヌリンは摂取しても血糖への影響がほとんどなく、インスリンの大量分泌を防ぐことで太りにくい食べ方をすることができます。
他にもアトピーを改善する効果もあります。イヌリンは腸内の善玉菌のエサとなり善玉菌を増やす効果があるため腸内の免疫効果を高めアレルゲンや化学物質などの有害な物質の侵入を防ぐのでアトピーの改善が期待できます。腸内には人間の免疫細胞の約60%が棲んでいるため腸内環境が整うことによってアトピーが一気に改善することもあります。
注意点として摂りすぎ副作用に気を付ける必要があります。イヌリンには食物繊維が多く含まれているためたくさん摂取してしまうとお腹が緩んでしまったり、逆にお腹が張ってしまったりして二酸化炭素が発生しガスが出やすくなることがあります。イヌリンの一日の摂取量の目安は大体5gから15gになります。摂取する場合には用法容量を守るようにしましょう。その他の副作用が起こる心配はほぼないのですが身体に合うかどうか心配な方は最初は規定よりやや少なめから摂取するようにして様子を見ながら徐々に増やしていくようにすると良いでしょう。摂りすぎ副作用の心配よりも不足することの心配の方が大きいので意識的に摂取するようにしましょう。

関連記事

  1. アラキドン酸の効果、効能・副作用

  2. ビタミンCの効果と効能・副作用

  3. プロテイン(たんぱく質)の効果と効能・副作用

  4. 鉄の効果と効能・副作用

  5. クロムの効果と効能・副作用

  6. 治験バイト 喘息 に 悩む 方 治験

    葉酸の効果と効能・副作用

  7. 乳酸菌の効果と効能・副作用

  8. リコピンの効果と効能・副作用

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。