口内炎の治し方

大抵の人が経験したことのある口内炎は放置していても自然と治っていくので、通常は特にこれといった手段を用いずに自然に治るのを任せているものです。しかし、食事をすると痺れるような痛みや、何かが突き刺さるような痛みを感じたり、口内に変な違和感ができることから普段でも気になって仕方がないということが多いようです。

口内炎ができてしまう原因は昔から言われている栄養不足であったり、口内を噛んでしまうことから起こる炎症、同様に歯の矯正器具による裂傷などが挙げられます。自分で噛んでしまったり傷つけることで起こるものに関しては自分でも把握しやすいのですが、栄養不足に関するものはいつの間にかできてしまっていたということにもなります。これをアフタ性口内炎と呼びますが、大抵はストレスや免疫力の低下、またはビタミンAであったり、ビタミンB2あるいはビタミンB6が不足することで起こる問題です。

そのため、いつの間にかできてしまっていた口内炎を治すには、不足したビタミンを摂取すれば治りが早くなりますし、今後の予防にも役立つと言えます。大抵は1~2週間ほどで自然治癒するのが口内炎ですが、強い痛みや違和感をなくしたいという人は市販薬で治療するという方法もあります。わざわざ病院に通わなくても近所のドラッグストアーなどで軟膏タイプやパッチタイプのものが販売されているので、これらを用意すれば短期間で症状が改善できます。

また、口内炎は口の中の細菌が傷ついた頬肉などに侵入し炎症を起こすことでも起こり得るので、うがい薬を用いてこまめにうがいをするのも効果的と言えます。薬の代わりに塩を使った殺菌方法もありますが、傷口に染みて痛みが酷くなることもあります。塩水でうがいをする、口内炎の患部に直接塩を塗りこむなどやり方は様々で、効果はありますが酷い時には激痛に襲われもだえることにもなるので、効果を見ながら少しずつ使用量を増やすなど、症状や個人の状態によって選択すると良いでしょう。

関連記事

  1. 貧血に効く食べ物とサプリを大紹介

  2. 血糖値を下げる食べ物、サプリメント

  3. 肩こり解消に効くサプリメント

  4. ダイエットに効くレシピ、サプリメント

  5. 下痢の原因と治し方

  6. 疲労回復 に効く食べ物、サプリメント

  7. 眼精疲労の病状と対策

  8. 動脈硬化を改善する食事、サプリメント

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。