エリスリトールの効果と効能・副作用

エリストールはブドウやナシや味噌などに含まれる天然甘味料ですが、これはよくカロリーゼロでも甘いというような製品に用いられる人工甘味料の一種です。

エリストールの効果効能というのはカロリーが低いのに甘さを感じられるということですが、摂りすぎ副作用があります。まずゼロカロリーでも肝臓が反応してインスリンの分泌が促されるために太ります。また本物の糖分が入ってきた際にそれを消費する機能が落ちて、脂肪として蓄えられやすくなります。なので、基本的にはエリストールは摂り過ぎない方が良いです。

もちろんただちに害があるというようなものではないのですが、カロリーゼロの製品を食べ過ぎたりするのは害があるということです。それならば栄養価のあるものを食べた方が良いです。甘味ということであれば果物を直接食べるなどの方が良いでしょうカロリーがあってもバナナなどはエネルギーとして消費されやすいですし、栄養価も高いです。人間の体を考える際に、単に体重だけで考えたり、脂肪があることは良くないというような一元的な概念で考えない方が良いです。現在の体の状態に何が足りないのかということを客観的に考え、それを補っていくことです。その際には副作用にも気を付けます。

たとえば体脂肪が多いから痩せるという場合も、副作用のない方法で痩せるのがベストです。食事制限というのはある程度は必要なのですが、単一の食品だけを摂るようなダイエットは良くないでしょう。仮に脂肪が落ちたとしても、栄養が偏った状態の体は代謝や血流が落ちています。なので、リバウンドの可能性も高く、また肌荒れや髪の調子が悪いなどの他の害が発生する場合も多いです。なので脂肪を落とすという目的がはっきりしていたとしても、他のところに害のない選択肢を選び、むしろ他にもメリットのある方法が良いでしょう。たとえば、脂肪が燃焼して代謝血流が良くなり肌も綺麗になるというような感じです。このように、トータルでの目標設定が重要です。体全体を考えて脂肪を落とす場合は、カロリーを下げつつも栄養を摂取し、筋肉を付けるという感じになります。

なので体重というものはあまり目安にしない方が良いでしょう。筋肉は脂肪よりも重いので筋トレなどをすると脂肪が燃焼しても体重は増える可能性があります。しかし、筋肉がないのに脂肪を落とすと皮膚がたるんだりする場合があります。これは代謝が落ちて皮膚のターンオーバーが悪くなっているので体にあった皮膚に生まれ変われていないということと、筋肉が脂肪と一緒に落ちてしまうということがあります。

有酸素運動と食事制限だけの場合は確実に速筋が落ちていくので代謝が悪くなります。そうすると皮膚がうまく機能しなくなるので、ダイエット後に皮がたるんだりします。これを防ぐには脂肪を落として筋肉をつければ、皮膚を筋肉で内側から支え、また代謝によって皮膚のターンオーバーを促進します。皮膚というのは本来は体型に合わせて一緒に変化していくものなので、この機能を筋肉で改善するということです。ちなみに有酸素運動で鍛えられる遅筋はこのように代謝を高める機能を持ちません。運動時の脂肪燃焼効果はあるのですが、それ以上のものがあまりないということです。

なので、筋トレで全身の機能を高め、結果的に脂肪を燃焼しやすい体にするというのが非常に有効です。脂肪燃焼だけを行うよりも、全身の機能を高めて結果的に脂肪も燃焼する方が良いでしょう。有酸素運動は代謝を高めないので皮膚をうまく変えられないということは非常に重要です。皮膚というと肌と同じことなのですが、年々衰え、内臓と肌はリンクするのでこの辺の機能を筋肉で引き上げるのです。

関連記事

  1. グリシンの効果と効能・副作用

  2. カルシウムの効果と効能・副作用

  3. カプサイシン・カプシエイトの効果と効能・副作用

  4. ラクトトリペプチドの効果と効能・副作用

  5. カルニチンの効果と効能・副作用

  6. ナイアシンの効果と効能・副作用

  7. スルフォラファンの効果・効能・副作用

  8. コエンザイムQ10の効果・効能・副作用

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。