病院とは何か。病院の種類を知っていますか

ベッドがある入院できる医療機関がすべて病院という訳ではない。まず、病院というとベッドがあり、入院設備がある医療機関というイメージがあるかと思います。もちろん医師や看護師さんがいて、施設に滞在しながら、治療を行うという意味では大方、正解です。

ただし、厳密にいうと、というか医療法上の分け方でいうと患者に医療を提供する医療機関は、病院と診療所があり、20人以上の患者さんを入院させるための施設を有するものを病院としています。つまり、登録・許可されている病床数が19床以下の医療機関は診療所なのです。診療所というと最近では馴染みが薄い気がしますが、街のクリニックがここに当てはまります。勿論、入院設備がなくても19床以下なので、診療所になります。医療機関は当たり前ですが、医療を行う施設ですので通常の宿泊施設よりもある意味では、厳しい基準が定められています。たとえば患者さんが医療で使用する酸素や麻酔等のガス設備や停電時の非常電源等の設備が整っていること、患者さんが非常時に避難できるように、通路が広く取られていたりします。

また、その病院の提供する医療の種類毎に、配置しなければならない医師や看護師等のスタッフの人数割合が定められています。この設備やスタッフの配置状況によって保険診療での基本的な費用収入が、それぞれ異なってくるのです。一言でいうと、設備やスタッフが整っている病院はそれだけで費用がかかるということです。ただし最近は包括医療費支払い制度(DPC)が進んでいますので、設備が整っ底なしに費用がかかるわけではありませんが。

病院は大きく分けて5つの種類がある。病院の病床の種類は5つ定められています。精神病床、感染症病床、結核病床、療養病床、一般病床の5つです。前述4つに該当しない病床が一般病床となってます。前述3つはそのものズバリで、わかりやすいかと思います。療養病棟は長期にわたり療養を必要とする患者を入院させるものと定められてます。ですので、一般に馴染みがあるのは、主にご高齢の方が多く入院する療養病床と手術で入院することが多い一般病床がイメージしやすいのではないでしょうか。ちなみに病院は全国でおおよそ8500施設程度で、その内、300床以上の病院は約20%とのことですので、数字上は大規模な病院に入院する機会はかなり少ないということになります。

関連記事

  1. 感情移入しやすいもの、感情移入しやすいこと(後編)

  2. 安全野菜の都会育ちでいい塩梅

  3. 機能性表示食品とかって…。

  4. 自然よ、ありがとう!余暇を余暇してヨカヨカ!

  5. 費用対効果の両立(洗剤編)

  6. 山手線の目黒と渋谷の間にいるのはイルカかクジラか

  7. たまにはノスタルジックに【懐かしの品】

  8. 治験の遅れによる新薬の発売遅延について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。