クエン酸の効果と効能・副作用

クエン酸の効果効能とは、代謝の改善や血行の促進です。体を内部から温めるようなイメージです。なので、必須栄養素などとは違うのですが、冷えや代謝の衰えに悩んでいるという人の場合には効果的です。なににクエン酸が多く含まれるかというと、柑橘系の果物です。すっぱいと感じる成分がまさにクエン酸なのです。すっぱいとなんとなく体に刺激が行く気がしますが、実際に刺激になっているということです。摂りすぎ副作用に関しては胃が荒れるということくらいでしょう。レモンを食べ過ぎると胃が負けるはずです。
食べ物によって血行を促進したり代謝を改善するという考えは非常に重要です。人間の体というのは体内から作られるので、体の表面にだけあれこれしても美肌などにはならないですし、血行や代謝の方がよほど重要なのです。そして、これらを食べ物で高めていくと同時に運動で高めるということが重要です。長期的に見れば運動の方が資産を構築できるというのがあります。この資産というのは筋肉のことで、筋肉というのはあらゆる効果を発揮します。血行や代謝の促進、成長ホルモンの分泌などあらゆる機能です。内臓の調子も整うので病気になりにくくなるというのも非常に高いメリットでしょう。精神的にも脳内の神経伝達物質が整うので前向きな気持ちになります。
これは無酸素運動でしか実現できないことで、有酸素運動では代わりになりません。というのも有酸素運動は負荷が小さく継続するタイプの運動なので、体はむしろエネルギーを蓄えて燃費を良くしようとします。

有酸素運動中には脂肪を燃焼するのですが、だんだん消費効率が悪くなるということになります。人間の体は脂肪が必要と考えて貯えているので、継続するタイプの運動が日常的に行われていると当然体はエネルギーを蓄積します。まただんだんと速筋繊維を遅筋化させていくので成長ホルモンの分泌も減ります。しかし、有酸素運動は心肺機能の向上や脂肪燃焼には効果があるので、無酸素運動の補助として行うのが良いでしょう。特殊な競技のアスリートでもない限り、男女とも無酸素運動の方が体の機能向上に役立ちます。無酸素運動は成長ホルモンの分泌と代謝アップができますが、筋肉が発達するとそれだけで血流がよくなります。マッチョな冷え性というのはキャラとしては面白いかもしれませんが、現実的に考えてあまりいないはずです。

ボディビルダーのコンテスト時のように極端に体脂肪を落としたりすれば冷えたり体に不調が出るのですが、筋肉量が多くある程度の脂肪がついているナチュラルな状態にしておくと風も引きにくく健康体になります。代謝や血流の話になると脂肪は悪と考えられがちですが、必要不可欠なものです。多すぎるのが問題ということで、まったくない状態というのも物理的にも体の機能としても危険です。脂肪がない状態で筋肉だけだと血管などが浮き出し過ぎるので怪我の恐れがあります。

また体温を保持する機能がなくなります。普通に生活していれば極端に脂肪が落ちることはあまりないでしょうが、食事制限をしながら筋肉を肥大化させると脂肪を燃焼し過ぎたという場合があるでしょう。無酸素運動と有酸素運動の併用によって筋肥大しながら脂肪を燃焼し過ぎた場合には摂取カロリーを増やして有酸素運動は辞めておくという対策が可能です。摂取カロリーが多い状態で筋トレをすると筋肥大が爆発的で、脂肪も多少増えるという感じになります。


クエン酸は筋トレに近い機能があるということです。クエン酸も筋トレも代謝や血行を改善して肌や内臓の状態を良くしますが、筋肉の方が継続する分お得感はあるでしょう。しかし数カ月かかりますし、クエン酸と併用してもまったく問題ないです。

関連記事

  1. クロムの効果と効能・副作用

  2. 治験バイト 喘息 に 悩む 方 治験

    葉酸の効果と効能・副作用

  3. リコピンの効果と効能・副作用

  4. フェルラ酸の効果と効能・副作用

  5. ナイアシンの効果と効能・副作用

  6. ギャバ(GABA、γ-アミノ酢酸)の効果と効能・副作用

  7. イヌリンの効果と効能・副作用

  8. アスタキサンチンの効果と効能・副作用

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。