ケルセチンの効能・副作用

ケルセチンとはポリフェノールに含まれる成分です。ポリフェノールは玉ねぎやブロッコリーに含まれますが、これは抗酸化の作用をもちます。人間の体というのは日々のストレスなどによって活性酸素を分泌させます。この活性酸素はある程度は必要なのですが、過剰に分泌されると人間の体の老化を促進していくものです。そしてこのポリフェノールは活性酸素の分泌を抑制し、体が老化するのを防ぐという作用を持つのです。ケルセチンはこのポリフェノールの中の成分で、特に血管、骨、関節に作用します。この効果効能は血管、骨、関節の老化を防ぎ、機能を向上させます。どの部分も構成する要素はタンパク質なのですが、このタンパク質の働きを支えるということになります。ビタミンやミネラルやその他の最近よく言われるような成分もすべてタンパク質の吸収や働きをサポートするものです。なのでタンパク質というのは必須なのですが、タンパク質ばかりを過剰に摂取すると、栄養としてうまく機能できずに脂肪になるだけということです。本来の役割を発揮せずに体脂肪にだけなっても困るので、いろいろな成分でタンパク質を補助していくという流れです。摂りすぎ副作用というのは今のところ指摘されていません。五大栄養素はもちろん最重要ですが、これらの成分にも多少は目を向けるということです。しかし、なんでもかんでも完璧に栄養摂取しようとするときりがないでしょう。また情報も多いので何を食べれば良いのかわからなくなります。なので、基本を押さえておけば問題ないです。その基本というのが五大栄養素で、その他の栄養素のことはなんとなく知っておくということです。
食事で栄養をしっかりと摂取するというのは非常に重要ですが、運動で筋肉を付けるということも重要です。食事で栄養を摂取してもうまく吸収できなかったり代謝が悪くて有効活用できていないという場合があります。しかし、筋肉があれば代謝や血流が活性化しているので、肌や内臓の機能も高まります。なので栄養の吸収効率も上がり、栄養は吸収するけれど脂肪は蓄積しないというような状態になれるのです。この筋肉をつけるためにはもちろん筋トレで、無酸素運動がべストです。無酸素運動は短い時間で筋肉を発達させそれが代謝や成長ホルモンを高め、結果的に脂肪燃焼や肌のターンオーバーの改善、内臓の機能向上という作用があります。筋トレというのは単に筋肉を発達させて見た目が変わって終わりということではなくて、体にいろいろな良い影響をもたらすものなのです。
現代社会では筋肉を発達させても意味がないというように考えられがちですが、実際は現代のストレス社会でこそ筋肉が重要です。筋肉の力や外見自体はさほど重要ではないのですが、筋肉によって内臓の機能を高めるというのが重要です。脳も内臓の一種なので、結果的に脳内の神経伝達物質の働きが高まり、精神状態が安定するというのがあります。そうするとマイナスの感情をもちにくく、前向き思考に勝手になっていきます。精神状態を安定させたりストレスを解消するための対策というのは人それぞれでしょうが、筋トレというのを入れておくとかなり良いです。これはトレーニング自体が気分転換になるというのもありますが、トレーニングによって身に付いた筋肉が精神状態を好転させる効果がかなり大きいです。ちなみに有酸素運動を行うのも良いのですが、筋肉が発達しないので、上述のような効果はありません。すっとパソコンをしていると肩が凝りますが、これも有酸素運動の結果方が筋肉痛になっているのですが、このことからも無酸素運動のように成長ホルモンの増加効果などがないことがわかります。

関連記事

  1. ヒアルロン酸の効果と効能・副作用

  2. βークリプトキサンチンの効果と効能・副作用

  3. フコイダンの効果と効能・副作用

  4. シトルリンの効果・効能・副作用

  5. イノシトールの効果と効能・副作用

  6. ミネラル(カリウム、マンガン、銅、モリブデン)の効果と効能・副作用

  7. マグネシウムの効果と効能・副作用

  8. α-リポ酸(チオクト酸)の効果と効能・副作用

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。