ヒアルロン酸の効果と効能・副作用

女性は、加齢によって肌が乾燥しやすくなります。
肌が乾燥すると、バリア機能が低下して、外からの刺激を受けやすくなり、肌トラブルの原因になります。
そのため、保湿化粧品などを使って、乾燥から肌を守っている女性は多いです。
保湿化粧品に配合されている美容成分の中で、よく知られているのが、ヒアルロン酸です。
ヒアルロン酸には、様々な効果や効能があります。
ヒアルロン酸は、人間の肌の真皮に存在しています。
保水力が高く、肌の潤いを守り、弾力を保つ役割を担っています。
軟骨や目、脳でも、それぞれ大切な役割を果たしています。
高齢者の場合、ヒアルロン酸の減少は、関節痛の原因にもなります。
ヒアルロン酸は、関節液の中に含まれていて、関節の動きをよくするために働いています。
ヒアルロン酸が含まれた軟骨が、クッションのような働きをして、衝撃から骨を守っているのです。
目では硝子体に多く含まれていて、目の形を維持しています。
体の中にあるヒアルロン酸が、様々な理由によって減少すると、体の様々な部分に影響が出てきます。
ヒアルロン酸は、フカヒレなどに含まれていますが、必要な量を食事から摂取するのは、かなり難しいのです。
最近は、美容クリニックでヒアルロン酸注射を受けている人も増えています。
ヒアルロン酸注射は、注射をして効果がすぐに実感できるため、人気が高いのです。
シワが気になる部分や、肌がたるんでいる部分に注入することで、肌をふっくらとさせます。
注入されたヒアルロン酸は、徐々に吸収されていきます。
永久に効果が持続するわけではないので、ヒアルロン酸の効果を持続させたい場合は、定期的に通院することになります。
ヒアルロン酸注入剤による施術は、十分な技術と知識を持っているドクターが行います。
多くの女性は、化粧品という形でヒアルロン酸を使うことが多いです。
ヒアルロン酸を配合した化粧水や乳液、美容液は、数多く販売されています。
ただ、高分子ヒアルロン酸は、分子が大きいので、角質層には浸透しません。
現在、大きな注目を集めているのが、低分子ヒアルロン酸です。
分子が小さいので、肌の奥まで成分が浸透していきます。
真皮には、コラーゲンとエラスチンがあり、網目状に絡まって存在しています。
網目の隙間をヒアルロン酸が埋めているのです。
赤ちゃんの肌が美しいのは、ヒアルロン酸がたっぷりあるからです。
ヒアルロン酸の量は、年齢を重ねるごとに徐々に減っていきます。
30代に入ると急激に減少して、40代では赤ちゃんの頃の半分になってしまうのです。
ヒアルロン酸が減ってしまった肌は、ハリがなくなり、シワができやすくなります。
また、体の様々な器官で水分のコントロールができなくなり、関節痛や動脈硬化のリスクが高まってしまうのです。
ヒアルロン酸を摂取する場合は、コラーゲンやエラスチンと一緒に摂取すると、美肌効果が高まると考えられています。
また、ビタミンCやビタミンB群も効果的です。
ビタミンB群は、ヒアルロン酸の保水力を高めてくれます。
ヒアルロン酸が減少して関節が痛い場合は、同じムコ多糖類のコンドロイチンを一緒に摂取する人が増えています。
コンドロイチンとヒアルロン酸は、働きや特徴に違いはあるものの、お互いに助け合って軟骨や関節の働きをサポートしています。
最近は、美容や健康のために、ヒアルロン酸が配合されたサプリメントを購入して摂取している人も少なくありません。
サプリメントは薬ではないため、摂りすぎ副作用を心配することはほとんどありません。
ただ、サプリメントとはいえ、過剰摂取は避けた方が安心です。
サプリメントには、パッケージに1日の摂取量の目安が記載されているので、目安を参考に摂取することが大事です。

関連記事

  1. 中鎖脂肪酸の効果と効能・副作用

  2. ビタミンEの効果と効能・副作用

  3. クエン酸の効果と効能・副作用

  4. プロテイン(たんぱく質)の効果と効能・副作用

  5. ナイアシンの効果と効能・副作用

  6. スルフォラファンの効果・効能・副作用

  7. リコピンの効果と効能・副作用

  8. コエンザイムQ10の効果・効能・副作用

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。