ビタミンB1の効果と効能・副作用

ビタミンには脂溶性、水溶性がありますが、ビタミンB1はビタミンB郡の中の一つで水溶性ビタミンとなります。
ビタミンB1は主に体の中で、ごはんやパンなどの糖質がエネルギーになるための代謝にかかわっている重要な栄養素です。また、脳の中枢神経や手足の末梢神経と深く関りがあり、神経の機能の正常化や心臓の機能を守る働きもあります。
そのため、糖質などの摂取が多くなればなるほどビタミンB1の必要量は高くなるのです。
ビタミンは摂取過剰や不足によって様々な症状が知られていますが、ビタミンB1の不足によって起こるもので有名なものは脚気です。
脚気は食欲不振や全身、特に下半身に倦怠感が生じます。この初期症状の後に、足のしびれやむくみ、動悸、息切れ、感覚麻痺などの症状が現れます。重症になると、力が入らず寝たきりとなり、心不全を起こして死に至ることもある病気です。
精白の技術が進み玄米から白米が多く食べられるようになった江戸時代に、この脚気が流行し日本病とまで言われました。ビタミンB1は米の胚芽の部分に含まれています。それまでは胚芽の含む玄米を食べていたため起こらなかった脚気が、精白によってこの胚芽が削られた白米を食べるようになったためにビタミンB1の不足になり、脚気が流行してしまったのです。
ビタミンB1の不足は、インスタントラーメンやスイーツなどビタミンB1含有量が少なく、糖質を多く含む食品が出回っている現代でも起こりうることです。高カロリー食が続いたり偏食がちな人は特に発症する可能性が高いため注意が必要になります。アルコールの分解の際にもビタミンB1が使われてしまうため、アルコール依存者やお酒をよく飲んでいる人に脚気を発症してしまう人が多いとされます。
ビタミンB1を多く含む食材を食べたりサプリなどで補うことでビタミンB1の不足にならないよう気を付けることが大切です。
ビタミンB1の多く含まれる食品は、豚肉、ハム、うなぎ、小麦胚芽などの穀物、大豆などの豆類などがあげられます。
ビタミンB1を摂ることによって得られる効果や効能には以下のものがあります。
まずごはんやパン、砂糖などの糖質をエネルギーとして代謝するサポートをしてくれます。
ビタミンB1が不足した状態では、糖質の代謝がスムーズに行われずエネルギー代謝が悪くなります。すると、乳酸などの疲労の原因物質が体にたまり疲れやすくなります。そのためビタミンB1を摂取することは疲労回復効果が期待できます。スポーツをする際にもおすすめです。
さらに、ビタミンB1の不足による脚気などの欠乏症状や心不全、末梢神経障害を引き起こす恐れを防ぐことが出来ます。
脳の働きを助けてくれる唯一のエネルギー源であるブドウ糖は、ビタミンB1が糖質を分解することで生成されます。
ビタミンB1がなければブドウ糖を生成することが出来ず、脳の機能が正常に働くなりイライラしやすくなったり、集中力が欠ける、精神不安定状態になるなどの様々な影響が出てきてしまいます。
糖質と一緒にビタミンB1を摂取することで、脳にエネルギーが送られ、集中力や記憶力アップにもつながるのです。
その他にもビタミンB1には、食べ物を分解する消化液の分泌をよくする働きがあり、消化不良や食欲不振などにも効果が得られるとされています。
このように多くの効果が期待できるビタミンB1ですが、摂りすぎ副作用は何があるのでしょうか。
ビタミンB1は水溶性のビタミンであるため、脂溶性ビタミンのような過剰摂取による症状はほとんどありません。
その為ビタミンB1を摂り過ぎても大きな副作用はないとされます。ごくたまに頭痛や不眠になる場合も知られていますが、摂取を控えることで自然と回復出来ます。

関連記事

  1. コエンザイムQ10の効果・効能・副作用

  2. グリシンの効果と効能・副作用

  3. エリスリトールの効果と効能・副作用

  4. マグネシウムの効果と効能・副作用

  5. ビタミンA(レチノール、カロテン)の効果と効能・副作用

  6. ビタミンCの効果と効能・副作用

  7. アントシアニンの効果と効能・副作用

  8. リコピンの効果と効能・副作用

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。