下痢の原因と治し方

風邪をひいた時や食べ過ぎてしまった時などに起こり得る下痢。原因がわかっているものであれば対処できる場合もありますが、外出中に突然起こったり原因がわからない場合には、本当に困りものです。
そもそも下痢とは、水分が過剰に含まれている軟便、もしくは水のような便が、一日に何度も排泄される状態を指し、ほとんどの場合に腹痛を伴っています。正常な腸内環境であれば、ぜん動運動により腸の内容物を肛門まで送り届けます。

この時に、腸の中の水分は体の中に吸収され、適度に水分を含んでいる便となるはずです。しかし何かしらの原因によってぜん動運動が活発化してしまい、水分が吸収されることなく肛門まで送られると、下痢の状態になってしまうのです。
下痢の原因の多くは細菌やウィルスなどによる突発的なもので、これらの菌を体外に排出しようとする防御反応でもあります。暴飲暴食をした時に起こる下痢は、消化しきれないものを排出しようという作用が働くことで起こります。


下痢の症状がなかなか治らずに長期間にわたって続く場合には、ストレスが原因で起こる過敏性大腸炎である可能性があります。この病気は下痢と便秘を交互に繰り返すこともあり、この他にも大腸がんや胃潰瘍をはじめとした腸の病気、肝臓や膵臓に関する病気も考えられます。
下痢がひどいと、水分を摂取することを控えようとする人もいますが、こまめに水分補給をしなければ脱水症状を起こす可能性もあります。発熱や嘔吐とともに下痢の症状が続く場合には、医師の診断を受けたほうがよいでしょう。ストレスによる下痢の場合には、高脂肪の食品、食物繊維の多い食材、刺激物などは避けるようにしましょう。
普段から腸内環境を整えるためには乳酸菌が必要です。またペクチンやアルギン酸などの水溶性の食物繊維には便のかたさを調節する作用があるため、下痢の時には有効であるといえます。頻繁に下痢を起こす人は、普段からこのような栄養をサプリメントとして摂取しておくのもよいでしょう。

関連記事

  1. 喫煙者におすすめの健康サプリメント

  2. 血糖値を下げる食べ物、サプリメント

  3. 関節痛の原因と治し方

  4. 神経痛の原因と治し方

  5. 老化防止に効果的な食べ物、サプリ

  6. がんを予防する食事、サプリメント

  7. 貧血に効く食べ物とサプリを大紹介

  8. 頻尿の原因と対策

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。