動脈硬化を改善する食事、サプリメント

動脈硬化とは、動脈が固くなり、もろくなってしまって血液が流れにくい状態になってしまうことです。特に、悪玉コレステロールが血管壁に付着するとコブのようになり、血液の流れを妨げてしまいます。その結果、脳梗塞や心筋梗塞、狭心症など恐ろしい病気を引き起こしてしまうのです。しかも、動脈硬化には通常、自覚症状がほとんどありません。重症になるまで気づかず、ある日突然倒れる、ということにもなりかねないのです。そうならないためにも、しっかりと予防・改善しましょう。

動脈硬化を改善するためには、まず血液中の悪玉コレステロールの量を減らし、俗に言う血液サラサラ状態にする必要があります。そのためにぜひとも摂りたい栄養素が、EPAとDHAです。主に青魚に含まれるEPAとDHAは、血液中の善玉コレステロールの量を増やして悪玉コレステロールを減らし、血液をサラサラにする働きがあります。血栓を作るのを防いだり、血圧を下げる働きもありますので、イワシやサバなどの青魚を積極的に食べるようにしましょう。「魚が苦手」という方は、EPAやDHAのサプリメントを摂るのもおすすめです。

また、赤ワインやチョコレートに含まれているポリフェノールにも、血液をサラサラにする働きがあります。ポリフェノールには他にも活性酸素を除去する働きもありますので、やはり動脈硬化改善のためには摂っておきたい栄養素の一つです。とは言え、赤ワインはお酒ですし、チョコレートには糖分も含まれていますから、身体に良いからと言って摂り過ぎには注意してください。ポリフェノールにもいろいろなサプリメントがありますから、摂り過ぎが心配な方はサプリメントで摂取するのも良いでしょう。

動脈硬化は恐ろしい生活習慣病を引き起こしますが、生活習慣病は名前の通り、生活習慣で防ぐことができる、改善できるものです。毎日の食事にEPAやDHA、ポリフェノールの含まれている食材、サプリメントを摂り入れて、動脈硬化を改善しましょう。

関連記事

  1. 風邪の治し方、予防法

  2. シミ対策に効くサプリメント

  3. 生理痛の原因と治し方

  4. 睡眠サプリメントおすすめはこれ!

  5. 精力減退させる原因と克服法

  6. がんを予防する食事、サプリメント

  7. 眼精疲労の病状と対策

  8. 便秘を解消するコツ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。