更年期の症状と対処法

閉経する前後は、更年期特有の症状に悩まされる時期です。
疲れやすい、休んでも疲れが取れない頭痛や腰痛といった身体的な症状の他に、イライラする不安感が強くなるなど精神的な症状も現れます。
また、ホットフラッシュといって急に顔がほてり、大量の汗をかくといった症状も更年期で起こりやすくなります。
このような辛い症状が何年にもわたり続く更年期ですが、ある栄養素を意識して補う事で予防・改善する事も可能です。
更年期に特に補いたい栄養素として、おすすめなのが「大豆イソフラボン(エクオール)」です。
大豆イソフラボンはご存じの方が多いと思いますが、エクオールは聞いた事が無いという方もいるでしょう。
大豆製品から補える大豆イソフラボンに含まれる、ダイゼインという成分を腸内のエクオール生産菌が変化させる事で、エクオールとなります。
この大豆イソフラボン(エクオール)は、加齢によって減少してしまう女性ホルモン「エストロゲン」と、同じような働きを持つ特徴があります。
更年期に出やすい不快な症状は、エストロゲンの分泌量が減少して起こるので、大豆イソフラボン(エクオール)を意識して補う事で症状を予防・緩和出来るのです。
ただ、エクオール生産菌を腸内に持つ方は、2人に1人と言われています。
この菌が腸にいなければ、いくら大豆製品を食べてもエクオールは作られません。
このような場合はサプリメントで、エクオールを補うようにしましょう。
また、更年期は骨がもろくなる「骨粗鬆症」を起こしやすくなると言われています。
女性ホルモンは骨に含まれるカルシウムが溶けだすのを抑制する作用があるのですが、更年期になると女性ホルモンの分泌量がグンと減ってしまうので、骨密度が低下しやすいのです。
骨がもろくなってしまうと骨折しやすくなるので注意しましょう。
丈夫な骨をキープするにはカルシウムを、しっかり補う事が大切です。
また、カルシウムだけでなくビタミンDも摂りましょう。
ビタミンDはカルシウムが骨に定着するのを、サポートす働きがあります。
カルシウムとビタミンDを一緒に摂る事で、より骨を丈夫に出来るのです。

関連記事

  1. 花粉症に効くヨーグルト、サプリ

  2. 生理痛の原因と治し方

  3. 胃痛の原因と治し方

  4. 飲みすぎで気持ち悪くなるときの原因と対策

  5. 頭痛の治し方

  6. 肌荒れに効く食べ物、サプリ

  7. 風邪の治し方、予防法

  8. 疲労回復 に効く食べ物、サプリメント

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。