生理痛の原因と治し方

生理前や生理中に頭痛や腰痛、下腹部痛などの不快な症状があらわれる生理痛。この生理痛はプロスタグランジンという物質が分泌しすぎることによって起こります。なぜこの物質が過剰に分泌してしまうかというと、その主な原因は冷えやストレスであるといわれています。つまり冷えやストレスの改善につながる食べ物を摂取することが、生理痛の改善につながります。


生理痛の改善につながる食べ物として、ひとつめに豆乳、納豆、豆腐などの大豆製品があげられます。大豆製品に含まれる大豆イソフラボンには、女性ホルモンの働きを助ける役割があります。また大豆には良質なたんぱく質が豊富に含まれているので、貧血の症状がある人にも効果があるといえます。しかしこの女性ホルモンは一定量を超えて増えすぎてしまうと、生理痛の痛みを増加させることにもつながります。そのため大豆イソフラボンの摂取には十分注意する必要があります。食べ物から摂取する大豆イソフラボンの一日の摂取量としては、一日に70から75ミリグラムとされています。大豆イソフラボンの含有量としては、納豆1パックに約35ミリグラム、豆腐1丁には約60ミリグラム、味噌大さじ1杯には約9ミリグラムの量が含まれています。大豆イソフラボンが一番多く含まれているのが無調整の豆乳で200ミリリットルに約60ミリグラムの量が含まれています。


次にアーモンドにも、生理痛を改善させる効果が期待できます。アーモンドにはビタミンEやミネラルが豊富に含まれています。ビタミンEやミネラルには、ホルモンバランスを整える働きがあり、血行をよくする働きもあります。ビタミンEやミネラルが不足すると、ホルモンバランスが乱れ冷えや貧血などを引き起こすため、おやつにアーモンドを取り入れたりサラダなどの食事に使うのもよいでしょう。
そして近年注目を集めているのがフランス海岸松樹皮です。松樹皮から抽出される成分が、生理痛をはじめとする婦人病に効果が期待できるのです。これは松樹皮に含まれるポリフェノールによるもので、松樹皮のポリフェノールは有用性やバランスの良さが突出しているため、効果を得ることができます。

関連記事

  1. 口内炎の治し方

  2. 風邪の治し方、予防法

  3. 貧血に効く食べ物とサプリを大紹介

  4. 冷え性の改善法まとめ

  5. 更年期の症状と対処法

  6. シミ対策に効くサプリメント

  7. ダイエットに効くレシピ、サプリメント

  8. 飲みすぎで気持ち悪くなるときの原因と対策

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。