治験バイト 喘息 に 悩む 方 治験

葉酸の効果と効能・副作用

日本は、アメリカ並みにサプリメントの人気が高まっています。
男性も女性も仕事を持っている人が多く、食事から必要な栄養を摂取できない人が少なくありません。
栄養が不足すると、体に悪影響が出てくるため、サプリメントを利用することで、不足している栄養を補っているのです。
女性は、美容系のサプリメントを購入する人が多いのですが、妊娠を希望する女性や妊娠中の女性には、葉酸のサプリメントも人気があります。
葉酸には、様々な効果、効能があるのです。
葉酸は、妊娠前から摂取した方が良いと言われています。
ほうれん草から乳酸菌を増やす因子が見つかったのが、1941年のことでした。
この因子は、葉酸と名が付き、その後の研究によって、体にとって重要な補酵素であることが判明します。
日本では、神経管閉鎖障害のリスクを低くするために、厚生労働省が葉酸の摂取を推奨しています。
赤ちゃんにとって、葉酸はとても重要な栄養素なのです。
妊娠初期は、脳や脊髄などの神経管が形成されます。
この時期に葉酸を摂取すれば、神経管閉鎖障害のリスクを減らせるのです。
神経管は、中枢神経系の基礎になる部分で、妊娠してから7週目くらいまでに形成されます。
神経管が形成られる時期に葉酸が不足すると、無脳症などの神経管閉鎖障害が起こりやすくなるのです。
無脳症とは、脳が縮小したり欠損した発育不全の状態で、死産や流産の確率が高まります。
そのため、厚生労働省では、妊娠の1か月以上前から、葉酸の摂取を推奨しているわけです。
葉酸は、ビタミンB群の一種で、必須ビタミンと呼ばれています。
ビタミンには、水に溶けやすく必要のない分は体の外へ排出される水溶性ビタミンと、油に溶けやすくて体に蓄積される脂溶性ビタミンがあります。
葉酸は、水溶性のビタミンなので、野菜から摂取する場合は、ビタミンの流出には気を付ける必要があります。
人間の体は、多くの細胞によって構成されています。
細胞は、分裂と増殖を繰り返しますが、この時、DNAが複製されて分割が行われ、増えていくのです。
DNAが正確に複製されるために必要なのが、タンパク質なのです。
タンパク質は、食事などから摂取された後、アミノ酸に分解されます。
そして、再び様々な種類のタンパク質になります。
タンパク質を作る時にも、葉酸は必要になります。
葉酸は、昔から造血のビタミンと呼ばれており、赤血球を作る役割があります。
そのため、葉酸不足は、貧血の原因にもつながるのです。
水溶性ビタミンである葉酸は、使われなかった分は排泄されるため、毎日摂取することが大事です。
また、熱に弱いので、できれば生で摂取した方が良いのです。
ビタミン6とビタミン12を一緒に摂取すると、さらに効果が高まると言われています。
日本は、ファーストフード店やコンビニを利用して食事を済ませる人が少なくありません。
ファーストフード店のハンバーガー類やコンビニのお弁当は、炭水化物や脂質が多くて、ビタミンやミネラルが少ないのです。
葉酸は、緑黄色野菜に多く含まれているため、できれば緑黄色野菜を買ってきて、自分で調理した方が体には良いのです。
ただ、仕事などの理由で自分で調理する時間がない人もいます。
そのような場合は、サプリメントが役に立ちます。
葉酸は、食事から摂取していれば過剰摂取の心配はほとんどありません。
しかし、サプリメントの場合は、吸収率が高くなっていることが多いので、過剰摂取に気を付ける必要があります。
摂りすぎ副作用としては、食欲不振や不眠、吐き気、むくみなどがあります。
また、人によっては、皮膚のかゆみや赤みが出ることもあります。
サプリメントを飲んで、体に何らかの異常が現れた場合は、使用を中止して、できるだけ早く専門家に相談した方が安心です。

関連記事

  1. 食物繊維の効果と効能・副作用

  2. キチン・キトサンの効果と効能・副作用

  3. 乳酸菌の効果と効能・副作用

  4. βークリプトキサンチンの効果と効能・副作用

  5. カルニチンの効果と効能・副作用

  6. アセチル-L-カルニチンの効果、効能・副作用

  7. 核酸の効果と効能・副作用

  8. ビタミンEの効果と効能・副作用

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。