飲みすぎで気持ち悪くなるときの原因と対策

アルコールの分解能力は個人差が大きいものですが、誰でも飲みすぎれば気持ち悪くなるものです。人体に入ったアルコールは、1割から2割程度は胃に入り、残りは小腸に取り込まれて肝臓で分解されることになります。分解中に発生するアセトアルデヒドは、人間にとっては毒となる性質がありますから、体に対しては様々な悪影響を与えます。

アセトアルデヒドの分解能力が弱かったり、ほとんどない場合には、少量の飲酒でも吐き気や頭痛などの症状を悪化させることになります。酒に強くても大量に飲めば、胃の動きも鈍くなりますから、食べたものを順調に消化できずに気持ち悪くなってしまうのです。酒は天の美禄と言われるように、少量だけ飲めば有益な部分が多いのですが、節度を忘れてしまえば理性を維持することも困難になります。

翌日でも気持ち悪さを残さないためには、おつまみや飲み方の工夫をすることが大切です。空腹の状態で大量に飲めば、胃の負担は相当に大きくなりますから、おつまみからはメチオニンなどのアミノ酸を摂取しましょう。空腹の状態で飲むと、血中のアルコール濃度は急激に高まり、酔いが早くまわることも知っておくと役立ちます。冷たいビールは夏には重宝しますが、冬は冷やしすぎには注意して、適量を時間をかけて飲むようにしましょう。

高タンパクで低脂肪のおつまみは、アルコールから胃や肝臓を保護して、飲み過ぎによる不快感を予防するために役立ちます。和食の場合には、豆腐や枝豆を選ぶことは、昔から支持されている方法です。胡麻を使った料理を食べる場合には、二日酔い予防に有効なセサミンを摂取できます。

胃を保護するタンパク質を摂取しながら、生薬としても有名なウコンも摂取すると効果的です。ウコンにはクルクミンという有効成分が含まれ、胆汁の分泌を促進して、肝機能を強力に保護する機能を持っています。メチオニンが豊富な魚類は、ウコンを含むカレー粉で味付けした料理にすれば、クルクミンも含めて効率よく摂取できます。

関連記事

  1. 睡眠サプリメントおすすめはこれ!

  2. 下痢の原因と治し方

  3. ストレスに効く サプリメント

  4. 頻尿の原因と対策

  5. シミ対策に効くサプリメント

  6. 記憶力がアップするサプリメント

  7. 疲労回復 に効く食べ物、サプリメント

  8. がんを予防する食事、サプリメント

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。