高血圧を改善する食事、サプリメント

高血圧の原因を根本的に防ぐためには、第一には塩分の過剰摂取を抑制して、排出を促進させるミネラル成分を摂取することが求められます。日本人の食事は昔から塩分が多いのですが、近年では食文化が多様になった影響で、全体的な栄養バランスを考えないで摂取することがあります。昔から日本人は塩蔵の漬物を保存食にしていましたが、これらは野菜の発酵食品でもありますので、塩分排出を促すためのカリウムも豊富に含まれていました。

高血圧は太りすぎの食習慣が影響して発症することもあるため、食事ではカロリーの過剰摂取も回避しなければいけません。栄養が偏っている場合には、骨の材料になるカルシウムやマグネシウムが不足して、体を支えるための基礎が崩れてしまいます。肉類を主菜にする場合には、ほうれん草や小松菜などの葉野菜を添えるだけで、カルシウムなどのミネラルを補うことができます。

高血圧を改善させる食事では、副菜を中心にしてカリウムを補給しながら、同時に脂肪の摂り過ぎにも配慮しなければいけません。脂肪は肉類を主菜にすれば多くなりますが、完全に除去する必要はありません。脂肪の吸収を抑えるためには、副菜や主食には食物繊維が豊富な食材を使うことがおすすめです。白米には大麦やコンニャクなどを混ぜるだけで、食物繊維の量が増えて脂肪の過剰摂取を抑制できるようになります。ゴボウなどの根菜はカリウムが豊富なだけでなく、不溶性食物繊維も多いことから、高血圧予防のためには意識的に摂取することが理想です。

食事は完全に満腹になる前にはやめて、腹八分程度に抑えておけば、肥満によって高血圧の問題が悪化することもありません。カリウムやマグネシウムなどのミネラルは、食事だけでは摂取できない場合があります。足りないときには無理をせずに、サプリからも摂取することが大切です。サプリは消化吸収に優れたものを選び、あくまでも不足分を補う目的で使えば、高血圧予防を長く続けることができます。

関連記事

  1. 神経痛の原因と治し方

  2. 便秘を解消するコツ

  3. がんを予防する食事、サプリメント

  4. 口内炎の治し方

  5. 動脈硬化を改善する食事、サプリメント

  6. 眼精疲労の病状と対策

  7. 貧血に効く食べ物とサプリを大紹介

  8. 頭痛の治し方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。