睡眠サプリメントおすすめはこれ!

不眠や睡眠障害に悩まされるようになると、生活に支障をきたすようになってしまいます。
またそれほどひどい場合でなくても、現代の社会ではうまく睡眠をコントロールすることで、QOLを上昇させようという傾向があります。
ここでは良い睡眠を手にいれるために必要な栄養素を紹介します。
サプリメントなどで摂取することもオススメです。

まずビタミンB群は安眠には欠かせません。
たとえばビタミンB6ですが、アミノ酸を効率的に生成してくれるという大切なはたらきを持っています。
睡眠の質が下がる原因の1つに、脳の神経伝達物質の不足が挙げられます。
こうなると不安感や緊張感を抱くことが増え、睡眠の妨げとなってしまいます。
アミノ酸はこういった物質の合成にとても重要ですから、サプリメントなどで摂取する必要があります。
またビタミンB12はメラトニンの合成に重要なはたらきを持ちます。
メラトニンは睡眠ホルモンと呼ばれ、眠りの質を向上させてくれる物質です。
ですのでビタミンB12は必ず安眠に必要なのです。
またビタミンB12は血行の改善にも良い影響を与え、肩こりの解消などにも一役買ってくれます。
もちろん食品から摂取することが一番良いですが、食生活に自信がない場合はサプリメントもうまく活用しましょう。

またマグネシウムの欠乏も、不眠症に影響してしまいます。
マグネシウムの1日の摂取目安量は成人男性で320〜370mg、女性は260〜290mgとされています。
しかしこの量は現代人には食事から摂取することが、なかなか難しくなってしまっているのです。
その理由は欧米食を好む食生活が原因だとされています。
マグネシウムは大豆や魚貝類に多く含まれますが、欧米食では充分に含まれていない場合が多いからです。
そういう方はサプリメントなどでマグネシウムを摂取しましょう。
眠りにつくまでの時間を短くできたり、途中で目覚める回数を減らすことができます。
また高血圧も予防してくれるのです。

関連記事

  1. 口内炎の治し方

  2. 疲労回復 に効く食べ物、サプリメント

  3. 骨粗しょう症を予防する食事、サプリメント

  4. 胃もたれ解消に効果的な食べ物、サプリ

  5. ダイエットに効くレシピ、サプリメント

  6. 飲みすぎで気持ち悪くなるときの原因と対策

  7. 眼精疲労の病状と対策

  8. 高血圧を改善する食事、サプリメント

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ治験サイト

ダイエット特集記事

治験・臨床試験・臨床研究

治験紹介団体

治験紹介団体紹介施設ホームページ
生活にプラス
治験ネット
多施設https://chiken-net.site/
NPO法人ニューイング多施設http://www.new-ing.jp/
JCVN多施設http://www.jcvn.jp/
インクロム
ボランティアセンター
メインhttps://www.196189.com/
北陸医学ボランティア会メインhttp://www.sehma.co.jp/hokuriku/
治験情報V-NET多施設https://gogochiken.jp/
SOUKENメインhttp://www.souken-lab.co.jp/invited2/monitor.html
エル・スマイル
ボランティア会『COMCOM』
メインhttp://www.lsmile.co.jp/comcom/
コーメディカルクラブメインhttp://rinshosiken.com/
治験案内所多施設http://chiken-annaijo.com/
チヨダ
モニター倶楽部
メインhttp://www.chiyo-moni.com/
aSBo(アスボ)メインhttps://asbo.co.jp/
リッチモンド・
ファーマコロジー
海外http://www.trials4japanese.co.uk/