α-リノレン酸の効果、効能・副作用

α-リノレン酸は植物油に含まれている脂肪酸で「必須脂肪酸」と呼ばれる
体にとって絶対に必要な栄養素です。
必須脂肪酸には体内で合成される物とそうでない物がありますが
α-リノレン酸は体内合成ができないために、食品から摂取しなければならない栄養素です、
α-リノレン酸を多く含むものとしては「アマニ油」「エゴマ油」等が挙げられます。

α-リノレン酸は良く知られているEPA、DHAと同じ「オメガ3系」と呼ばれる種類の脂肪酸でアレルギー性疾患を改善し、脳細胞を活性化する一方、動脈硬化・脳梗塞、心筋梗塞・高血圧などの予防に効果があり、体内からの異物に対して体を守る免疫機能の改善および促進にも働きがある事が分かっています。
特に血液中のコレステロールが多くなり血液がドロドロになってしまう事で発生する「生活習慣病」の予防と改善に役立ちます。

またアルツハイマー病の予防にもなるらしい事も分かってきています。
よく「脳の栄養になるのはブドウ糖だけ」と言われます。しかし、加齢とともにブドウ糖をエネルギーに変換する力が弱まり、脳はエネルギー欠乏状態に陥りやすくなります。
これが加齢期の脳力衰退原因の1つと言われ、アルツハイマー患者ではその変換能力の低下が顕著になることが知られています。
ただし、脳にはもう1つだけエネルギーに変換可能な“ケトン体”という物質があります。
ケトン体は、α-リノレン酸から作られることが多く、α-リノレン酸を多く含む食事は加齢期の脳力衰退を抑制し、認識機能を維持・回復することが可能と考えられています。

日本人はα-リノレン酸を主にアジ、サバ、イワシなどの「青物魚」から摂取していましたが近年の「食生活の魚離れ」の影響で「不足が懸念される栄養素」として指摘されています。
成人では「1日約2gのα-リノレン酸の摂取が必要」とされていますが、それに達していない人が多くなってきています。

ただα-リノレン酸も脂肪酸である以上、「脂質」の仲間です。
ですので必要以上に取り過ぎると肥満の原因になりますので、その点は注意が必要です。

またα-リノレン酸はリノール酸と呼ばれるコーン油やサフラワー油に含まれている成分がもたらす害を抑える効果がありますのでリノール酸とのバランスを考えて摂取するとより効果的です。

リノール酸も「必須脂肪酸」であり体内では生成できない栄養素であるので摂取が必要ですがリノール酸の1日に必要摂取量は成人で9gです。
現代の食生活ではリノール酸は過剰摂取の状態で「1日あたり一人平均で13~15g」を摂っています。
リノール酸の過剰摂取は体内のバランスを崩し体調を狂わせたりアレルギーを発生させる原因となります。
α-リノレン酸をリノール酸の摂取量に合わせて取る事により過剰摂取による害を防ぐ事が出来るのです。

しかしα-リノレン酸の摂取には注意点が1つあります。
α-リノレン酸は「非常に酸化しやすい」物質なので熱に弱く、炒めたり焼いたり
するとほとんどが酸化されてしまい別の物質に変化してしまいます。
従ってα-リノレン酸を最も効果的に摂る方法は「熱を加えない油そのままの状態」で
ドレッシングにしてサラダにかけて食べる」という方法です。

よく「肉を食べたらサラダも食べろ」と言われますが肉類にはリノール酸がたっぷりと含まれており、これが過剰摂取の一因でもあります。
肉類をコーン油などで調理した料理にはリノール酸がたっぷりと含まれており
体内の脂肪酸のバランスを崩す結果、色々な体調不良の原因となります。

α-リノレン酸を含むドレッシングをバランス良く食べる事により「取り過ぎたリノール酸」の害を取り除く効能が有ります。ですが「いずれにしても脂質」ですので、摂りすぎ副作用として「太る原因と」なります。
何事も「過ぎたるは及ばざるがごとし」とか。適度な食事で健康を保って下さい。

関連記事

  1. メチルスルフォニルメタンの効果と効能・副作用

  2. 治験バイト 喘息 に 悩む 方 治験

    葉酸の効果と効能・副作用

  3. マグネシウムの効果と効能・副作用

  4. γ-リノレン酸の効果と効能・副作用

  5. 治験バイト 喘息 に 悩む 方 治験

    イソフラボンの効果と効能・副作用

  6. 共役リノール酸の効果と効能・副作用

  7. シトルリンの効果・効能・副作用

  8. ホスファチジルセリンの効果と効能・副作用

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。