カプサイシン・カプシエイトの効果と効能・副作用

カプサイシンとカプシエイトでは刺激の強さが異なりますが、どちらも主な効果効能としては体の代謝血流アップです。カプサイシンの方が唐辛子などの辛みの成分なので、その分刺激が強いです。摂りすぎ副作用としては、胃が荒れます。なので気持ち悪くなるほど摂取するのは辞めておいた方が良いでしょう。代謝や血行を高める食材というのは多いですが、カプサイシンとカプシエイトに関しては特に高い効果を発揮します。唐辛子を一気に食べれば確実に大量の汗が噴き出すというくらいに効果があるのです。日常的に摂取する必要があるというわけではないのですが、低血圧などの人は摂取すると良い刺激になります。
このように栄養素によって代謝や血行を改善するという作戦もあるのですが、運動も重要です。年齢を重ねると人間の体は放っておくと代謝が悪くなるので、肌荒れがなかなか治らなかったり、精神面にも影響を与えるので元気が出なかったりします。代謝というのは当然内臓にも影響しますが、脳も内臓の一種です。なので、内臓の機能として脳を考えた際に全身の代謝が落ちているというのは脳の機能が落ちているということにつながります。冷え性などと脳の活動低下というのは実は関連しています。体の調子というのを一機能で考える人は多いのですが、実際は全身の機能が連動しています。肌が荒れているということは内臓に不調があったり、筋力が低下しているので内臓の機能も低下している可能性があるなどです。もちろんすべてが直接的に関連しているわけではないのですが、どこかの調子を整えたいのであれば、全部整えるという意識が重要です。肌荒れを治すために基礎化粧品などによって肌のことだけを考えるというよりは、全身の機能を上げて肌の調子も整えるという考えが重要です。実際基礎化粧品というのも良いのですが、あくまでも肌の表面なので、ターンオーバーで言えば最終段階です。内部からできている皮膚の最終段階に対してのみの対策というのは実はその場しのぎ的なもので、根本的な解決策にはなっていません。なので、もっと根本的に解決するためには体の内側に目を向ける必要があります。逆に体の表面にちょっとしたことがあったくらいで影響されないようにすることが重要でしょう。要するに洗顔料を変えたくらいで何も影響されないということです。これはある意味変化がないのでつまらないのですが、体を内側から安定させれば外部刺激に対して鈍感になるはずです。良い効果も悪い効果にも鈍感になるのですが、体内で整えていれば外部のものに対して反応が悪くなるというのが正解なので、まったく問題ないです。基礎化粧品もつけてもつけなくても変わらないという状態が理想です。
そして、このように体の内部から改善していくには栄養も運動も重要です。栄養はバランスの良い食事を心掛けるということで、運動は筋トレがもっともよいでしょう。有酸素運動は脂肪燃焼効果は高いですが、体を根本的に変えるほどの機能はないです。逆に無酸素運動は運動中の脂肪燃焼は少ないですが、成長ホルモンの分泌や代謝アップによって肌のターンオーバーや内臓の入れ替わりを促進させます。入れ替わりのサイクルが整うということなので、全身の機能が向上します。これはもちろん脳に関しても言えることで、脳内の神経伝達物質が整うのでマイナスの感情になりにくいということや集中力が増すというのがあります。日本では勉強とスポーツが役割分担されがちなのですが、実際は運動をすると学習機能が高まります。特に無酸素運動は集中力も記憶力も高まるので、勉強をするにも実はやった方が良いです。しかし、当然筋トレをしただけで知識が増えるわけではありません。

関連記事

  1. パントテン酸の効果と効能・副作用

  2. ホスファチジルセリンの効果と効能・副作用

  3. キチン・キトサンの効果と効能・副作用

  4. マグネシウムの効果と効能・副作用

  5. イヌリンの効果と効能・副作用

  6. エリスリトールの効果と効能・副作用

  7. 治験バイト 喘息 に 悩む 方 治験

    葉酸の効果と効能・副作用

  8. ビタミンB2の効果と効能・副作用

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。