共役リノール酸の効果と効能・副作用

リノール酸の効果効能は代謝アップです。なので、血行が良くなったり、脂肪の燃焼を助けたり、筋肉を付けやすくするという機能があります。基本的にはどの作用もタンパク質があってこそなので、タンパク質の補助的な役割ともいえるでしょう。代謝が上がると言っても、当然入れ替わるタンパク質がなければ意味がないので、その摂取ができていることが前提になります。摂りすぎ副作用とは、アレルギーが出たりします。
タンパク質は動物性のタンパク質が特に人間の体には重要です。ベジタリアンを長年やっている人を見ればわかるのですが、タンパク質が足りていないせいで古い皮膚がそのままになります。人間の体というのはタンパク質が不足すれば代謝を抑えて無駄をなくそうとします。肌や髪や筋肉よりも生命の維持が重要なので、なんとか少ないタンパク質を内臓の方に回そうとするのです。なので、肌が荒れたり髪が抜けたり筋肉が落ちます。また皮膚の代謝も落ちるので、ベジタリアンの人の皮膚は細身なのに垂れ下がっているということが多いでしょう。ベジタリアンの人はもちろんそのようなことを覚悟してやっているので問題ないのですが、一般人の場合は真似しない方が良いでしょう。そして、逆にタンパク質の効率性を高めるためには筋トレが良いです。筋トレによって全身の代謝や血流を高めると、肌や内臓もタンパク質をうまく吸収して整うようになります。基礎化粧品は肌のターンオーバーの最後の方の角質や表皮に影響しますが、筋トレは肌を作る段階に影響します。なので、筋トレによって肌の機能を整えれば基礎化粧品は不要になるでしょう。特に使っても問題ないのですが、肌の外部に何かつけても影響しないくらいに肌の機能が高まるということになります。筋肉を鍛えて肌も強くなっていると、多少肌に何かしてもそれらの影響を受けずに自力で整うようになります。これは悪い効果だけでなく良い効果も影響を受けません。肌からすれば外部の影響を受けるということは、ターンオーバーのサイクルが乱れるということになるので、良い効果も悪い効果も等しくターンオーバーを乱すものということになります。なので、そのどちらの影響も受けずに自力で整うように肌はなっていきます。しかしそもそも何もつける必要がないでしょう。洗顔くらいでは健康な肌というのは影響を受けません。
脳は内臓の一種なので、筋肉を活性化して全身のタンパク質のめぐりがよくなると脳の機能も高まります。脳内の神経伝達物質が整うので、集中力や記憶力が高まったり、感情がプラスになっていきます。よく精神のトレーニングというのがありますが、筋トレを行うことはかなり良い影響があります。現代人はストレスが多いのでストレス解消などを考える必要があるのですが、精神の問題を精神で解決するよりも筋肉を鍛えることで結果的に精神状態が好転するというのが良いです。精神を精神だけで解決しようとすると、考えが変わったりしてどうしても安定しなくなります。思考を安定させるには肉体を改良するのが最良の選択であるということになるのです。
もちろん上述のように肉体を改良する際には栄養というものが重要です。リノール酸は代謝を高めて筋肉の肥大化にも貢献します。タンパク質を摂るのは必須ですが、その他の補助的な栄養素というのも筋肥大に役立つのです。ちなみに、多くの日本人が自発的に運動を行う理由の多くは脂肪燃焼ですが、筋肥大しておけば脂肪は勝手に燃焼します。まず筋トレによって成長ホルモンが分泌することでも脂肪が燃焼されますし、代謝が高まることも脂肪燃焼に貢献します。なので、特別有酸素運動を行う必要は普通はないです。

関連記事

  1. スルフォラファンの効果・効能・副作用

  2. エリスリトールの効果と効能・副作用

  3. キチン・キトサンの効果と効能・副作用

  4. アスタキサンチンの効果と効能・副作用

  5. クロムの効果と効能・副作用

  6. フコイダンの効果と効能・副作用

  7. グリシンの効果と効能・副作用

  8. n-3系不飽和脂肪酸の効果と効能・副作用

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。