治験バイト 喘息 に 悩む 方 治験

イソフラボンの効果と効能・副作用

私達の食生活に身近な成分、イソフラボンにはどのような効果・効能があるのでしょうか。
イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと、同じ働きをする事で知られています。
女性は年齢を重ねると女性ホルモンの分泌量が減少し、更年期障害を起こしやすくなりますがエストロゲンと似たような働きを持つ、イソフラボンを摂る事で更年期障害の予防や改善の効果が期待出来ます。
また、女性ホルモンの分泌量が減るだけでなく、バランスが崩れる事でも女性は様々な体の不調を感じるようになります。
生理前になるとイライラしたり、胸が張るなどの症状が出てくるPMSも、女性ホルモンバランスが崩れる事で起こりやすくなる症状です。
このPMSもエストロゲン作用を持つ、イソフラボンを意識して補う事で症状を緩和する効果が期待出来ます。
他に生理不順もイソフラボンの持つ、エストロゲンのような働きによって対策する事が可能です。
女性特有の症状の改善・予防に効果があるというだけでなく、イソフラボンは美肌作りにも有効な成分と言われています。
エストロゲンは別名「美肌ホルモン」とも言われており、皮脂分泌をコントロールする作用があるようです。
皮脂の過剰分泌によって起こるニキビや、肌荒れ対策にもイソフラボンは効果的です。
また、エストロゲンは女性らしい瑞々しい肌を作る効果もあるホルモンです。
年齢を重ねると肌のツヤ感はハリ感が失われてしまいますが、これはエストロゲンの分泌量が急激に減ってしまう為と考えられています。
エストロゲンと同じような作用をする、イソフラボンを摂る事によって女性らしくツヤ感・ハリ感のある肌を作る働きも期待出来るのです。
実際、イソフラボンを配合した化粧水や美容液は、近年増えつつあります。
体の中から、そしてスキンケアとして肌の外側から補っても、イソフラボンには美肌を作る作用があると言われています。
このような働きを持つイソフラボンは女性の健康、そして美しさをキープする作用のある成分と言えるでしょう。
ただ、健康・美容に良い成分であっても、過剰に補う事で副作用を起こしてしまうケースも少なくありません。
イソフラボンも摂りすぎ副作用を起こす事が知られているので、過剰摂取には注意しましょう。
摂りすぎる事で起こる副作用としては、PMSや月経不順を悪化させてしまうと言われています。
体の中にイソフラボンを多く取り込んでしまうと、エストロゲンが多く出ていると体が勘違いしてしまい、エストロゲンの分泌量は減らし、逆にプロゲステロンの分泌量を増やしてしまうのです。
この作用によって対策しようと思っていた、PMSや月経不順が悪くなってしまう事があります。
また、女性ホルモンバランスが崩れてしまい、不正出血を起こすケースもあるようです。
特に閉経前の女性はイソフラボンを多く摂る事で、このような副作用が起こりやすいと言われているので注意が必要です。
1日に摂りたいイソフラボンの量は決まっています。
1日に摂っていい上限は75mgですので、これ以上イソフラボンを摂らないように気を付けましょう。
お味噌汁1杯につき6mg、納豆なら1パック35mg、豆腐1丁なら60mgのイソフラボンが含まれています。
例えば、お味噌汁の具を豆腐にし、納豆を1パック食べれば1日に必要なイソフラボンを十分に補えるのです。
サプリメントでイソフラボンを補うという際は、1日の摂取上限値は30mgとされています。
食事でもたくさん大豆を摂り、なおかつイソフラボンを配合したサプリメントを補ってしまうと、過剰摂取になりやすいと言えます。
ですので、サプリメントでイソフラボンを補う場合は、食事に含まれる大豆の量を加減する事が大切です。

関連記事

  1. 鉄の効果と効能・副作用

  2. α-リノレン酸の効果、効能・副作用

  3. カルシウムの効果と効能・副作用

  4. n-3系不飽和脂肪酸の効果と効能・副作用

  5. βークリプトキサンチンの効果と効能・副作用

  6. グルコサミンの効能・副作用

  7. アントシアニンの効果と効能・副作用

  8. カテキンの効果と効能・副作用

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。