ギャバ(GABA、γ-アミノ酢酸)の効果と効能・副作用

ここ数年で注目されることが多くなったアミノ酸が、ギャバです。
ギャバには、様々な効果や効能があります。
ギャバは、脳の神経伝達物質に深く関わっています。
1950年に哺乳類の脳から抽出されたギャバは、ストレスの解消にも使われています。
ギャバは、脳の血液の流れを促進させて、酸素の供給を高めたり、脳細胞の働きを活性化させたりします。
ドーパミンなどの神経伝達物質が過剰に分泌されるのを抑えるため、リラックス作用もあります。
腎臓を活性化させることで、血液中の塩分がろ過されて、利尿作用が高まるため、血圧が下がります。
血圧が下がることで、高血圧症の予防にも役立ちます。
ギャバは、中性脂肪やコレステロールの働きを抑えて、脂肪の代謝を促します。
そのため、糖尿病を防ぐ効果も期待できるのです。
肝臓の働きが良くなり、アルコールの代謝も向上するので、飲酒の習慣がある人の中には、ギャバのサプリメントを愛用している人も少なくありません。
ギャバは、体内で作り出すことができますが、年齢と共に減少していきます。
ギャバが不足すると、睡眠障害やうつ病、自律神経失調症などの原因にもなります。
ですから、日頃から不足したら補うように気を付けることが大事です。
ギャバが多く含まれているのが、発酵食品です。
日本の伝統食品である漬物や味噌を食べると、摂取することができます。
最近は、チョコレートにも配合されて、人気を博しています。
ギャバの働きとしてよく知られているのが、リラックス効果で、テレビや雑誌などでも取り上げられることが少なくありません。
神経がたかぶると、脳内のアドレナリン分泌が活発になります。
ギャバは、アドレナリンの分泌を抑えて、リラックス状態へと導きます。
ビタミンB6は、ギャバの生成には欠かせない栄養素です。
ビタミンB6は、タンパク質が分解されてアミノ酸になるのをサポートします。
また、神経伝達物質の合成にも関わっています。
ビタミンB6が不足してGABAが作られない状態になると、イライラしたり、眠れなくなるなどの症状が出ることがあります。
ギャバの研究は、現在でも多くの研究機関で行われています。
人間は、ストレスを感じると、脳が緊張し、交感神経が活発になります。
交感神経が活発になると、神経が高ぶって自律神経のバランスが乱れ、不眠症など様々な症状が出て体を壊す人もいます。
ギャバは、副交感神経の働きを活発にするので、ストレスの影響で出てくる様々な症状を防ぐことが可能になります。
女性は、40歳を過ぎた頃から、更年期の症状に悩む人が増えます。
更年期の症状は、人によって様々ですが、不安やイライラといった精神的な症状が出る人も少なくありません。
ギャバは、更年期障害による不定愁訴を改善することがわかっています。
先進国の中でもストレス社会だと言われている日本は、ストレスによる不眠症に悩む人も多いです。
強いストレスを感じると、脳が興奮状態になって、体が眠りに入れない状態になることがあります。
ギャバは睡眠中に生成されるので、睡眠が十分に取れないとギャバも生成されなくなり、悪循環になってしまいます。
ですから、ギャバが不足しないように、食事やサプリメントから十分な量を摂取することが大事なのです。
最近は、サプリメントだけでなく、お菓子や栄養ドリンクなどにもギャバが配合されています。
サプリメントやお菓子、栄養ドリンクの場合、薬とは違って摂りすぎ副作用の心配はありません。
ただ、大量に摂取すると、胃腸などに負担がかかることがあるので注意が必要です。
毎日の摂取量をコントロールして、体にとって必要な分だけを、効率良く摂取することが大切です。

関連記事

  1. ビタミンEの効果と効能・副作用

  2. クレアチンの効能・副作用

  3. βークリプトキサンチンの効果と効能・副作用

  4. ペクチンの効果と効能・副作用

  5. アスタキサンチンの効果と効能・副作用

  6. ミネラル(カリウム、マンガン、銅、モリブデン)の効果と効能・副作用

  7. イヌリンの効果と効能・副作用

  8. ホスファチジルセリンの効果と効能・副作用

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。