ビタミンCの効果と効能・副作用

ビタミンCはアスコルビン酸とも言われる、水溶性のビタミンです。
レモンやミカンなど酸っぱい果物に多く含まれているというイメージの強いビタミンCですが、実は野菜も多く含まれています。
含有量が多いとされているのは、ブロッコリーやカリフラワー、ピーマンにゴーヤなどです。
要性の高いビタミンという事もあり、ビタミンCはサプリメントに配合されるケースも多いのが特徴です。
最近はジュースなどにも「ビタミンC配合!」と、大きくかかれている程、ビタミンCは私達の生活の中でも特に身近に感じるビタミンと言ってもいいでしょう。
では、実際ビタミンCを摂る事でどのような効果・効能があるのか知りたい所です。
ビタミンCの最大の特徴といえば、高い抗酸化作用です。
抗酸化作用というのは体内の酸化を防ぐ効果の事を言います。
体の中には常に活性酸素という酸素があり、この活性酸素によって体外から入ってきた細菌などを駆除しています。
健康を維持する為に必要不可欠な活性酸素ですが、あまりにも体内で増え過ぎてしまうと、今度は体の健康な細胞にまで影響を与えるようになるのです。
活性酸素が増加すると細胞が錆びる、つまり老化も進んでしまい健康や美容において、様々な悪影響を起こします。
ビタミンCは自分が変わりに酸化する事で、活性酸素による体へのダメージを軽減する働きを持つと言われています。
この他には鉄分の吸収を促進する作用や、ガン予防の効果もビタミンCが物働きの特徴です。
また、美肌作りにもビタミンCは欠かせません。
年齢を重ねると肌のハリや弾力が失われるのは、真皮層にあるコラーゲンの生成量が低下するためです。
ビタミンCはコラーゲンの生成を、サポートする作用もあります。
若々しい肌をキープしたいのであれば、コラーゲンの生成量を増やす手助けをしてくれるビタミンCを意識して補いましょう。
このように、ビタミンCは健康だけでなく美容面においても、嬉しい効果を発揮するビタミンです。
では、もしビタミンCが不足してしまった場合は、どのような症状が起こってしまうのでしょうか。
ビタミンCは水溶性のビタミンという事もあり、長い間体の中に溜めておく事が出来ません。
極端にビタミンCを摂らない食生活を続けた場合、約2週間程でビタミンC不足による症状が出てきます。
ビタミンCが不足してしまうと「壊血」という症状が、起こりやすくなるようです。
壊血はビタミンCの摂取量が少なくなった事で、コラーゲン繊維の合成能力が低くなった状態を言います。
コラーゲンと聞くと、美肌やアンチエイジングケアに作用があるというイメージがありますが、コラーゲンは肌だけでなく内臓や筋肉の健康をキープする為にも欠かせません。
ビタミンC不足によりコラーゲン繊維が弱まってしまうと、歯茎から血が出やすくなる・毛細血管からの出血もしやすくなり、アザが出来やすいなどの症状に見舞われます。
他にも疲れがなかなか取れない、食欲不振、不眠症など様々な症状を引き起こすと言われています。
ただ、これらの症状はビタミンC不足で起こるという認識が広がっていない為、ビタミンCが足りないと気づかないケースも多いようです。
ですので、日頃から意識してビタミンCを摂り続ける事が大切です。
ただし、過剰摂取によって副作用が起こるケースもあるので、摂り過ぎには注意しましょう。
水溶性ビタミンであるビタミンCは、少々摂り過ぎてしまったとしても尿と一緒に排出されてしまいます。
しかし、サプリメントなどで過剰に摂ってしまった場合は、摂りすぎ副作用も報告されています。
起こりうる副作用としては吐き気や下痢、腹痛などが挙げられます。
1日に摂取したいビタミンCの量は、男性・女性ともに100mg、妊婦さんであれば110mg、授乳中の女性であれば145mgが理想的です。

関連記事

  1. ビタミンDの効果と効能・副作用

  2. エリスリトールの効果と効能・副作用

  3. ヒアルロン酸の効果と効能・副作用

  4. ビタミンB2の効果と効能・副作用

  5. n-3系不飽和脂肪酸の効果と効能・副作用

  6. 治験バイト 喘息 に 悩む 方 治験

    イソフラボンの効果と効能・副作用

  7. DHA(ドコサヘキサエン酸)の効果と効能・副作用

  8. EPAの効果と効能・副作用

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。