ビタミンDの効果と効能・副作用

ビタミンDは脂に溶ける脂溶性のビタミンの一つです。
ビタミンDは、カルシウムとリンの吸収を促進する働きが知られています。主に骨の成長促進や神経や筋肉の働きを正常にするカルシウムとリンの働きを促進します。
そのためビタミンDの過剰摂取や不足にはこのカルシウムとリンの働きに関係する健康障害が起きるのです。
ビタミンDが多く含まれる食品として、きのこなどの植物性食品や魚などの動物性食品があげられますが、食べ物から摂取する以外に日光などの太陽の光が皮膚に当たることで、人の体内でもビタミンDを生成することが出来るのです。
またビタミンDを含む椎茸も、生の椎茸より日光に当たって作られた干し椎茸のほうがビタミンDを多く含んでいます。
ビタミンDの効果と効能には、以下のものがあげられます。
ひとつめはカルシウムの濃度調節です。
人の体内に存在するカルシウムは99%が骨、残りの1%は血液や細胞の中に存在します。このたった1%の存在でも私たちの生活を支えるために大切な働きを担っているのです。
血液中や細胞の中に存在するカルシウムは、神経の伝達や筋肉の収縮運動をスムーズにする働きがあります。
このように重要な働きをするカルシウムですが、カルシウムの体内での濃度が常に一定に保たれていなければと正常に働くことが出来なくなってしまいます。これらの濃度調節、特に血液中の濃度を一定に保つために必要なのがビタミンDなのです。
ビタミンDの不足によりカルシウムの血液中の濃度が変わってしまうと、神経の伝達や筋肉収縮に異常が起き、日常生活に支障をきたしてしまいます。
血液中のカルシウム濃度が低くなり始めると、ビタミンDがホルモンと協力して、カルシウムを骨から血液中に供給させます。逆にカルシウム濃度が高くなり始めると、余分なカルシウムを尿に運んで排出したり、骨に蓄えるなどして同じようにカルシウムの血中濃度を一定に保つのです。
ビタミンDは、カルシウムが減った時また増えた時も体の機能の維持をする作用があります。
ふたつ目の働きは骨や歯を丈夫にすることです。
ビタミンDは食事などから摂取したカルシウムを腸から吸収されるのを促進する効果があります。また吸収されたカルシウムを骨に運び骨に沈着される働きもあります。
この働きをするために、ビタミンDは骨や歯を丈夫にする効果のある重要なビタミンなのです。
ビタミンDの不足は、骨や歯がもろくなり、子供では骨の成長が不十分になってしまいます。
カルシウムだけを十分に補給しても、ビタミンDが不足していればカルシウムは効果的に利用することが出来なくなるのです。
骨の成長にはカルシウムだけではなく、ビタミンDも一緒にとることが大切です。
最後は美容や健康に関する作用です。
代謝を促進する働きのあるビタミンDは、ダイエットにも期待できるといわれています。そして、免疫を高めインフルエンザや風邪の予防だけでなく、肌の殺菌効果も高めてバリア機能の強い肌を作るのに役立つことも分かっています。
肌のターンオーバーの促進やしみ、そばかすを薄くする作用もあるのです。
他にもビタミンDは、異常な細胞を元通りの正常な細胞に戻し、がん細胞の発生を予防する効果も知られています。
反対にビタミンDの摂りすぎ副作用としては以下のものがあげられます。
ビタミンは水溶性と脂溶性に分けられますが、水溶性のものは水に溶け、過剰に摂取しても尿から排出されるため過剰の心配はあまりないとされています。しかし脂溶性ビタミンは水には溶けず、尿から排出されずに体内に蓄積されてしまうため過剰摂取による危険があるのです。ビタミンDは脂溶性ビタミンのため、過剰摂取に注意しなければなりません。
ビタミンDの過剰摂取は、食欲不振、吐き気、下痢、便秘、高血圧、腎石灰化などがあげられます。
摂取量を守ってバランスよく摂ることが大切なのです。

関連記事

  1. フコイダンの効果と効能・副作用

  2. ビタミンB1の効果と効能・副作用

  3. n-3系不飽和脂肪酸の効果と効能・副作用

  4. ルテインの効果と効能・副作用

  5. コエンザイムQ10の効果・効能・副作用

  6. 鉄の効果と効能・副作用

  7. ミネラル(カリウム、マンガン、銅、モリブデン)の効果と効能・副作用

  8. グルコサミンの効能・副作用

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。