ビタミンEの効果と効能・副作用

ビタミンにはビタミンCなど色々な種類がありますが、その中の1つに挙げられるのがビタミンEです。
名前は聞いた事があるけれど、どんな効果・効能があるのかは分からないという方が多いのではないでしょうか。
ここではビタミンEを摂る事で得られる、効果・効能を紹介したいと思います。
ビタミンEは水に溶けない脂溶性のビタミンです。
アーモンドやピーナッツといったナッツ類や、卵、カボチャ、マヨネーズにもビタミンEは含まれています。
ビタミンEには色々な働きがあるのですが、まず挙げられるのが抗酸化作用です。
抗酸化作用とは活性酸素による、体内の酸化を予防する働きの事を言います。
体内には体内に入ってきた細菌を駆除する、活性酸素という酸素が存在しています。
活性酸素は強力な酸化作用を持ち、この酸化作用によって細菌を駆除するのです。
体内の活性酸素量が正常であれば、特に問題はありません。
ただ、ストレスや不規則な食生活などによって体内の活性酸素量が増え過ぎてしまうと、健康に悪影響を与えるようになるのです。
増えすぎた活性酸素は細菌だけでなく、体の健康な細胞までをも酸化させてしまいます。
細胞レベルでの酸化が進む事で、体の様々な部位の老化は促進されてしまいます。
また、活性酸素の増加によって、生活習慣病を発症するリスクも高まるようです。
ビタミンEは増えすぎた活性酸素を減らす、抗酸化作用を持っている事から活性酸素対策に有効なビタミンと言われています。
この他にもビタミンEは、様々な効果を発揮します。
血中のコレステロールが活性酸素によって酸化するのを防ぎ、動脈硬化など血管の病気を引き起こすリスクを下げます。
毛細血管の血流を改善する作用もあるので、冷え症対策や血行が悪い事で起こる肩こりなどの対策にもビタミンEは有効です。
またビタミンEにより毛細血管が広がる事によって、体の隅々までに栄養素が運ばれるようになります。
この働きによって肌の血行が良くなると、肌細胞にも十分な栄養素が行き渡るようになり、肌荒れ防止にも効果的です。
中年以降に気になるコレステロール値ですが、ビタミンEはコレステロール値を下げる働きもあると言われています。
しかも、健康に悪影響を与える悪玉コレステロールは下げつつ、健康維持に必要と言われる善玉コレステロール値は上げる効果があるようです。
このように、ビタミンEは健康面・美容面において様々な良い影響を与えてくれるビタミンなのです。
ビタミンE単品で摂取するのも良いのですが、さらに効果をアップしたいのであればビタミンCも意識して補いましょう。
活性酸素を無害化したビタミンEは、そのままだと活性酸素に作用する事はありません。
ですが、ビタミンCは活性酸素を無害化する力を失ったビタミンEを、また元に戻す作用があるのです。
ビタミンCにより抗酸化作用を取り戻したビタミンEは、また活性酸素を無害化してくれます。
このような働きが体の中で行われるので、ビタミンEは単体で摂るよりもビタミンCと一緒に摂った方がお得と言えるでしょう。
もし、ビタミンEの摂取量が極端に減ってしまうと、ビタミンE欠乏症という病気を引き起こしてしまうので注意が必要です。
ビタミンE欠乏症になると溶血性貧血といって、赤血球の細胞膜が壊れて貧血になってしまう症状が現れます。
ただ、現代人の食生活ではビタミンE欠乏症になるまで、ビタミンE不足に陥ってしまうケースはあまり無いようです。
ビタミンE摂りすぎ副作用が起こる確率も少ないとされています。
ですが、過剰摂取によって胃の不快感などが起こる事もあるので、摂り過ぎには注意しましょう。
1日に摂りたいビタミンEの量は、6.5~7.0mgとなっています。

関連記事

  1. ラクトトリペプチドの効果と効能・副作用

  2. n-3系不飽和脂肪酸の効果と効能・副作用

  3. グリシンの効果と効能・副作用

  4. DHA(ドコサヘキサエン酸)の効果と効能・副作用

  5. クレアチンの効能・副作用

  6. 亜鉛の効果、効能・副作用

  7. カルニチンの効果と効能・副作用

  8. フェルラ酸の効果と効能・副作用

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。