フコイダンの効果と効能・副作用

フコイダンは、ワカメや昆布などの海藻類が外敵や潮の流れから身を守るために分泌しているネバネバ成分で、fucoseという糖の一種を主成分としています。この成分には、免疫力の活性化などの多種多様な効果と効能を期待できるということで、健康目的での利用について研究が進められています。その中には、悪性腫瘍の治療についても含まれています。

フコイダンが悪性腫瘍に対しての改善効果が期待されている理由は、1996年にJFKメディカルセンターの医学博士により、フコイダンが悪性腫瘍細胞のapoptosisを起こさせるという研究を発表したためです。その仕組みは、フコイダンが悪性腫瘍細胞の表面に穴をあけてPerforinという毒素を発生させることにより、悪性腫瘍の遺伝子を直接攻撃して破壊するというものと、体内でがん細胞に接触することでDNAを破壊するという二通りのアプローチによるものです。

また、このようなフコイダンによる抗ガン作用は、遺伝子変異を起こしている悪性腫瘍細胞にのみ限定して発揮されるので、正常細胞が被害を受けることはなく、安全性においても優れているということも注目されている理由です。このために、日本でもフコイダンと悪性腫瘍細胞との関係性についての研究が進められています。

さらに、フコイダンによる悪性腫瘍へのアプローチはこれだけにとどまるわけではありません。それは、ナチュラルキラー細胞という体内で門番の様な役割を担っている細胞組織を活性化する作用があるからです。これにより、悪性腫瘍細胞やウィルスに感染した細胞の増殖を抑制するという効果を発揮します。このために、悪性腫瘍以外のウィルスや細菌由来の疾患に対しても、フコイダンは予防と改善の効果を期待できるということになります。

このように魅力的なフコイダンは、人工的に合成した物質ではなく天然由来の成分ということで、摂りすぎ副作用の心配はありません。ただし、水溶性の食物繊維により構成されているので、過剰摂取した場合は便が柔らかくなる可能性があります。便秘がちでお通じがままならないという女性にはプラスに働きがちですが、胃腸の調子がスッキリしないタイプの場合は注意が必要です。

また、海藻からフコイダンを摂取する場合には、塩分やヨードなどの他の成分の摂りすぎに注意しなくてはなりません。特に、ヨードは切手一枚分の昆布を食べただけで必要摂取量を上回ってしまうので、常に過剰摂取の可能性があるということになります。これが、一日二日であれば特に問題はありませんが、長期間続いた場合は状況は変わってしまいます。具体的には、甲状腺の異常により頻脈や筋力の低下などの症状が起こりやすくなります。

このために、フコイダンを定期的に摂取する場合は、サプリメントなどの人工的な健康食品を利用するほうが安全です。これならば、塩分やヨードの過剰摂取は起こらないので、トラブルを心配しなくても良くなるからです。ちなみに、フコイダンのサプリを取り扱っている大手バイオメーカーによると、一日当たりの摂取量の上限は400㎎としています。

いかがでしたでしょうか。フコイダンの効果や効能、さらに副作用のリスクなどについての基本的な内容がお分かりいただけたと思います。悪性腫瘍の予防と改善という夢のような効果を期待できる一方で、摂りすぎ副作用はせいぜい下痢程度という極めて安全性の高い成分ということになります。今後、研究が進められるにつれて、美容や健康に対しての様々なメリットが発見されるに違いありません。すでに、薄毛の改善に有効ということで、前述したバイオメーカーは国際特許を取得しています。

関連記事

  1. DHA(ドコサヘキサエン酸)の効果と効能・副作用

  2. n-3系不飽和脂肪酸の効果と効能・副作用

  3. ギャバ(GABA、γ-アミノ酢酸)の効果と効能・副作用

  4. ビタミンCの効果と効能・副作用

  5. クレアチンの効能・副作用

  6. 治験バイト 喘息 に 悩む 方 治験

    葉酸の効果と効能・副作用

  7. クロムの効果と効能・副作用

  8. フェルラ酸の効果と効能・副作用

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。