リコピンの効果と効能・副作用

リコピンと聞くと真っ先にトマトを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。トマトを使用したダイエットが流行した時に、このリコピンの効果や効能について、多くとりあげられるようにもなりました。このリコピンの効果や効能、副作用などはどのようになっているのでしょうか。
自然界に存在する色素をカロテノイドと呼びますが、そのカロテノイドのひとつにリコピンも含まれています。カロテノイドは主に緑黄色野菜に多く含まれ抗酸化作用を持つことが特徴としてあげられます。その中でもリコピンは抗酸化力が非常に強く、βカロチンの2倍、ビタミンEの100倍もの抗酸化力を持っています。
リコピンの特徴として強い抗酸化力があげられますが、その他にもリコピンには多くの効果や効能があげられます。そのひとつめが血流の改善です。リコピンの持っている強い抗酸化作用には、悪玉コレステロールの酸化を抑制する働きが関係しています。血液の流れは私たち人間の栄養や酵素、温度なども大きく作用されます。血の流れが悪いと、体の各所へ栄養が行きわたらず、またそれにより体温調節も難しくなります。血液の流れを悪くする原因のひとつが血栓です。この血栓は血液中のコレステロールが酸化することによって起こります。コレステロールを酸化させる活性酸素を除去する働きを持つリコピンを摂取することによって、血流を改善する効果が期待できるということです。
そして動脈硬化や高血圧などの生活習慣病などの予防や改善があげられます。生活習慣病を引き起こす原因としては、体内に活性酸素が過剰に増えすぎることによって起こります。活性酸素はもともと体内にも存在しますが、適度に存在すればよい働きをするのですが、増えすぎることで悪玉菌となってしまうのです。増加した活性酸素は悪玉コレステロールを増加させ、細胞や臓器にも悪影響を与えます。
そして美肌効果も期待が持てます。活性酸素が増えることで様々な老化の原因になりますが、細胞を攻撃することで肌を構成する細胞にも影響が出てきます。肌は表皮、真皮、皮下組織の3つの層から成り立ちますが、非常に薄い皮を守っているため、攻撃により炎症が起こり、しわやたるみ、ニキビとしてあらわれます。リコピンを摂取することで、活性酸素を抑制し、肌細胞を守り、健康な肌を維持することができるのです。その他にも代謝の活性化、視野機能の改善、ガン予防、肥満の予防など、抗酸化作用によって、様々な病気の改善や予防に効果があることがわかっています。
それではリコピンはどのような食べ物に多く含まれているのでしょうか。トマトに多く含まれるということはよく知られていますが、その他にはすいか、ピンクグレープフルーツ、杏子などにも含まれています。これらの食べ物から摂取できますが、季節がずれると値段が高くなったり、中にはこれらの食べ物が苦手だという人も多いでしょう。そこで年間を通してしっかりと摂取したいのであれば、サプリメントで摂取することも可能です。リコピンのサプリメントを選ぶ時には、リコピンの単体ではなく、ルテインやβカロテンなど、他の成分が配合されているものを選ぶとよいでしょう。リコピンの一日の摂取量としては、15ミリグラムから20ミリグラムとされ、これはだいたいトマト二個分に相当します。リコピンは脂溶性であるため、ドレッシングをかけたり、他の食品と一緒に生のトマトを食べると効率よく摂取することができるでしょう。
そして気になるのが副作用でしょう。リコピンを摂取しすぎることで副作用は起こるのでしょうか。リコピンの摂りすぎ副作用としては、一切報告されていません。リコピンは非常に安全性が高く、医薬品との相互作用もなく、安心して摂取することができるでしょう。

関連記事

  1. α-リポ酸(チオクト酸)の効果と効能・副作用

  2. ギャバ(GABA、γ-アミノ酢酸)の効果と効能・副作用

  3. 入院治験 を 解説。紹介団体

    オリゴ糖の効能・副作用

  4. カルニチンの効果と効能・副作用

  5. ビタミンEの効果と効能・副作用

  6. ペクチンの効果と効能・副作用

  7. ホスファチジルセリンの効果と効能・副作用

  8. ビタミンB6の効果と効能・副作用

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。