中鎖脂肪酸の効果と効能・副作用

中鎖脂肪酸の効果効能とはエネルギー源です。長鎖脂肪酸に比較してエネルギーとして発揮されるまでの時間が早いので、医療現場やスポーツの場面で用いられます。摂りすぎ副作用は太ります。

ココナッツやパームフルーツに含まれる成分なので、過剰摂取が肥満につながることが想像しやすいでしょう。なので、特に運動などをしていない人は意識して摂取していく必要があるというわけではないです。普通に食事をしていれば必要なエネルギーというのは摂取できていますし、現代人の場合はどちらかというとエネルギー源の過剰摂取が問題になっています。運動不足ということと一体になっており、これはデスクワーク中心の現代社会の弊害でしょう。

デスクワークのスキルは運動と無関係と思われがちですが、実際は運動によって集中力や記憶力を向上させることはデスクワークにも役立つでしょう。また精神状態が安定するので、ストレス社会である現代には運動というのはむしろ必須と言えます。運動不足というのは健康面だけでなく仕事面でも実は大幅に損をしているということです。運動不足には脂肪がつくなどのデメリットもあるのですが、体の機能全体が弱まることの方が問題でしょう。このことが日本ではまだ一般にあまり認知されていません。多少認知されたのですが、なぜか有酸素運動を行う人が多いです。

ジョギングなどは一時的な運動時の脂肪燃焼効果はあるのですが、実は運動効率が悪く、時間が掛かるわりに体の機能が向上しません。多少心肺機能が向上するのですが、肌や内臓の代謝が高まって機能が向上するということがないのです。これは有酸素運動が日常生活の延長のような負荷を継続するというものだからです。追い込めば疲れるのですが、それは生活疲れや疲労という感じです。

一日中立ちっぱなしだったから足が疲れたというのが典型的な有酸素運動の疲労の仕方です。一方で無酸素運動は体に普段かからない負荷が掛るので、体はそれに対抗するために成長ホルモンを分泌させます。結果的に代謝が高まるので、全身の血流もよくなり、肌や内臓の調子も整います。筋肉が発達すれば、肌や内臓が整うというだけでなく、機能自体が向上します。筋トレで発達するのは筋肉だけでなく、全身の機能ということです。年齢とともに皮膚が垂れたり頭が働きにくいということがありますが、これらは筋トレで解消できます。

たとえば有酸素運動だけで痩せた場合には皮膚が垂れさがったりします。これは代謝が上がっておらず、また皮膚の中の筋肉も発達していないので、皮膚を支えられていません。筋肉を発達させて痩せると、代謝が上がって皮膚が体型に合わせて入れ替わるサイクルが強まりますし、皮膚の内側の筋肉があるので皮膚が垂れさがりません。皮膚を物理的に支える力もあれば、筋肉で全身の血流や代謝が良くなるので皮膚のターンオーバーを高めて皮膚が体型に合わせて変化する機能を助けるのです。
脳も内臓の一種なので、筋肉の発達によって脳内の神経伝達物質が整い、精神的にマイナス感情を持ちにくくなります。体の機能というのをばらばらに考える人が多いのですが、基本的に連動しています。

筋トレは筋肉だけを発達させると考えている人が多いのですが、体の一部が発達すれば他の機能もそれに合わせて活性化するというのが基本です。筋肉を鍛えても知識自体は増えないので脳の機能が上がったという感じがしないかもしれませんが、脳が知識を習得する力が上がったということになります。日本ではスポーツと勉強が役割分担されているような感じなのですが、自分の専門が筋肉に関係ないように思っても筋トレをすればすべての機能が高まるということです。

関連記事

  1. ビタミンEの効果と効能・副作用

  2. プロテイン(たんぱく質)の効果と効能・副作用

  3. 食物繊維の効果と効能・副作用

  4. ペクチンの効果と効能・副作用

  5. 治験バイト 喘息 に 悩む 方 治験

    葉酸の効果と効能・副作用

  6. ビタミンB1の効果と効能・副作用

  7. メチルスルフォニルメタンの効果と効能・副作用

  8. ビタミンDの効果と効能・副作用

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。