胃痛の原因と治し方

胃痛の原因には、いくつかの理由が考えられます。血液の循環が悪くなる、冷えの症状からくる胃痛もありますし、ストレス性の胃痛もあります。単なるたべすぎをしてしまい、胃痛が引き起きていることもありますし、なにかの疾患が潜んでいるケースもあります。しかし経度の胃痛でありましたら、栄養素の力に頼るのがいいでしょう。

ビタミンA(β-カロチン)は、人間の粘膜や皮膚を丈夫にしますので、弱くなった胃腸の粘膜も、正常な良い状態へと導きやすくなります。ビタミンAの成分は、皮膚に対して潤いを与えることができますので、たっぷりの栄養が保持されれば、皮膚は強くなりますし免疫力を高めるためにも役立つことになります。

ビタミンA(β-カロチン)の栄養は、とても身近な食材から、気軽な摂取をすることができます。緑黄色野菜には十分な栄養が含まれていますので、毎日でも緑黄色野菜は食べたい食材です。ビタミンA(β-カロチン)が特に多く含まれるのは、カボチャに人参にほうれん草などの、色素も濃い野菜類であり、ほかにもレバーやうなぎにも豊富です。

胃腸のことでしたら、ビタミンUというくらいに、とても密接な健康関係を持っている栄養成分です。水溶性ビタミンであるビタミンUは、消化性潰瘍帽子の因子としても知られていて、発見はキャベツの野菜を絞り、その汁から発見をされています。だからビタミンUの栄養は、キャベジンとも呼ばれていますし、この方が日本人には耳馴染みがあるでしょう。

ビタミンUの栄養成分は、肝機能を上部で健康に保持しますし、胃腸の粘膜も正常に保つ働きをします。ビタミンUの栄養素は、キャベツが出身でありますので、もちろんキャベツには豊富に含まれている栄養素です。

そして胃痛改善のためには、ビタミンCの栄養も大切です。美容にも良いとされているビタミンCは、あらゆる健康を維持するために、大活躍をしている栄養なので、食事からも摂取を心がけましょう。

関連記事

  1. むくみの原因と解消

  2. 口内炎の治し方

  3. 老化防止に効果的な食べ物、サプリ

  4. ストレスに効く サプリメント

  5. 血糖値を下げる食べ物、サプリメント

  6. 腰痛の原因と治し方

  7. 疲労回復 に効く食べ物、サプリメント

  8. 肩こり解消に効くサプリメント

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。