鉄の効果と効能・副作用

鉄の効果とは赤血球を作る成分です。鉄を多く摂るとどうなるかというよりは、不足すると赤血球を作る材料がなくなるために貧血になるというものです。摂りすぎ副作用というのもあるのですが、これは日常の食事ではなくサプリメントなどによって過剰に摂取した場合になります。サプリメントは用法用量を守って使用するということが重要で、貧血がひどいから多めに飲むというようなことがやってはいけません。人間の体が吸収できる栄養の量というのはあるので、過剰に摂取したからといって貧血が治るわけではないですし、むしろ逆効果という場合が多いでしょう。鉄分は効能というよりは必須の栄養素なので、適量を必ず摂取するということです。鉄分というとレバーやブロッコリーに豊富に含まれているイメージがあるでしょうが、その通りです。しかし、魚やレバー以外の肉にも含まれており、重要なことはいろいろな食材から栄養素を摂取するということです。栄養素の名称として同じ成分が含まれていたとしても、食材ごとに微妙にその内容が異なっていたりその他の成分が違うので組み合わせが変わるということがあります。なので、鉄分の摂取が必要だからレバーだけを多く食べるというのではなく、鉄分が含まれるいろいろな種類の食材を摂取することが重要になってきます。
栄養の摂り方は上述の通りなのですが、いくら鉄分を摂取しても貧血が治らないということがあるでしょう。これはそもそも赤血球を作る機能がうまく働いていません。なので単純に鉄分の摂取量を増やすということでは問題の解決にはならないでしょう。では何が必要かというと、食事、睡眠、運動という生活の基本を見直すことです。食事は上述のようにいろいろな種類のものを摂取するということなのですが、運動もかなり重要です。睡眠は睡眠時間を確保するというだけのことです。運動は特に無酸素運動が貧血には効果的です。筋トレなどを行うことで成長ホルモンの分泌が活性化し、代謝もアップします。これが重要で、前述のようなことが起これば肌や内臓の機能も高まるので、当然血管の働きなども良くなります。これは赤血球を作る体の機能も高まるようになるということなので、かなりメリットがあります。筋肉を肥大化させておけば貧血は治るということです。実際貧血はかなり筋肉によって改善されるということが科学的に証明されています。冷え性や貧血というものの直接的な原因が筋力不足だけというわけではないのですが、代謝や血流が不足しているから貧血や冷え性になりやすいということは確実にあります。そして、筋トレを行うことによって代謝や血流は爆発的に良くなるので、結果的に貧血や冷え性は治ります。
上述のようなことをなんとなく知ると有酸素運動を始める人が多いのですが、有酸素運動の成長ホルモン活性化や代謝の活性化の効果は低いです。日常生活の延長のような負荷なので、体の機能を根本的に変えるということは難しいのです。なので、筋肉を鍛える無酸素運動の方が良いでしょう。女性でも筋トレである程度の筋肉があった方が引き締まって見えるというメリットがあります。食事量は変えずに筋トレを行うと体重が増える可能性があるのですが、筋肉は脂肪よりも重いので問題ないです。体重が増えても筋肉質になれば良いので、女性でも筋トレをした方が健康に効果が高いです。むしろ女性の方が筋力不足が原因で肌の代謝が落ちたりしやすいので、筋トレを行った方が良いでしょう。
筋肉を付けすぎるとファッションが合わなくなるという問題はたしかにあるのですが、健康効果とどっちを取るかです。また中間ということで多少鍛えるというのもありでしょう。

関連記事

  1. γ-リノレン酸の効果と効能・副作用

  2. プロテイン(たんぱく質)の効果と効能・副作用

  3. 共役リノール酸の効果と効能・副作用

  4. フェルラ酸の効果と効能・副作用

  5. コンドロイチン硫酸の効果・効能・副作用

  6. ヒアルロン酸の効果と効能・副作用

  7. マグネシウムの効果と効能・副作用

  8. 乳酸菌の効果と効能・副作用

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。