治験は副作用が強いほど報酬高い?

治験はなぜ、高額バイトが多いのでしょうか。アングラなバイトと思っている方の中には、非合法な研究だからとか、超危険な副作用が出る場合があるからとか、いろいろな怖いイメージを持たれている方がいらっしゃるようです。あえて言いますが、確かに副作用という面では、やはり専門家がいろいろ検討した結果問題ないであろうとのことで行われますが、発売されているお薬ではないので、人での情報は少なくそういう面でのリスクは0(ゼロ)ではありません。しかし、だからこそ法律で厳しく調査の手順ルールが定められています。つまり合法なやり方で最大限安全に配慮したものが治験なのです。誰かに処方されたお薬を勝手に別の方が使ってしまう、薬の貸し借り等やってはいけないことをするよりも、副作用が出るリスクは少ないのではないでしょうか。では治験の謝礼はどのように決められているのでしょうか。

謝礼の設定方法。

治験の謝礼額が設定される上で、ルール上、守らなければないことがあります。それは謝礼額が極端に高く、参加者の意思に不当に影響してしまうことが許されないということです。これは厚生労働省から出されている省令(GCP)に定められています。どういうことかと言うと、治験の多くは患者さんを対象(多くの患者さんに参加いただく第2~3相治験)にしたものですが、不当に謝礼が高くなると本人は通常の治療をすべきか治験に参加しようかと検討するところに、金銭による強い誘導が起こってしまい、自由意思を妨げてしまうという考えです。ですので、特に第1相治験において集まりにくい治験だから謝礼を高くするというような露骨な誘導はできないのです。一方、食品の臨床試験等は高く設定することもできそうですが、得てして食品試験等は希望者も比較的多く、また開発にかかるコストも薬に比べると抑えられている為、あまり高額な設定がないようです。集まるのに高くする必要性はありませんので。ではどういう治験の謝礼が高いのか。話は簡単です。面倒臭いことが多い治験や競合が多い治験です。治験はそれぞれに研究する内容や行う検査などが違います。採血回数が多かったり、注射薬だったり、採便検査があったり、夜中の採血があったり、いやだなと思うことが多い場合や、同時期においしい治験が多くあり人気が出なさそうだと少し設定が高くなるようです。ただし、治験のルール上、治験参加による謝礼が極端に高い治験が出るのはなかなか難しいようです。そこで最近は治験実施施設ではなく、紹介団体自体が参加した際の特典をつけて補助していることもあるようです。調べてみてください。

治験バイト代の平均目安。

では気になる治験バイトの目安ですが、通院治験では全国の医療機関で実施されますので、多くの場合、製薬会社の方で設定しているようです。目安は1回の来院で8000円から1万円程度で行われることが多いです。入院治験では治験実施施設が設定することが多いようで、1泊あたり1万5千円から2万5千円程度が相場のようです。つまり2泊2回の治験ですと6万円から10万円。おおよそ平均8万円を基準として、安めの治験の場合、その時期の他の治験のスケジュール等と比較して参加してもいいかを検討してみてください。治験は必ずしも時間計算で謝礼が高いものがよいとも限りません。時間があれば、時間当たりは安くても長く過ごせる治験がいいですし、同じく安くても合格率が高く申し込んだら大半、参加できる治験の方がよい場合もあります。逆に謝礼が高くても競争率が高く参加できなかったり、参加したらやることが多くてイヤになってしまうこともあるでしょう。ほどほどにリサーチして参加できそうなものに申し込むのが結局は良いのかもしれません。

関連記事

  1. 治験は高額謝礼って本当?⇒本当です。

  2. 入院治験 を 解説。紹介団体

    治験参加-おすすめと危険の見極め方-

  3. 治験参加-合格するコツ裏ワザ紹介-

  4. 治験参加 知っておいてデメリット

  5. 治験参加-タバコお酒暴飲暴食–

  6. 変わる治験 断られた人へ

  7. 治験参加で稼げ1年シミュレーション

  8. 治験参加のここが心配!-副作用ー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。