治験は高額謝礼って本当?⇒本当です。

治験は高額謝礼って本当?⇒本当です。

って言ってしまうと、怪しさが増しますでしょうか。実は一般のアルバイトでは実際の労働時間に即してバイト料が支払われますよね。ただ通常、労働時間は1日に8時間以内とかが一般的でしょう。しかし治験バイトの中でも宿泊を伴うものは、24時間拘束という観点から計算されているようです。つまり寝ている間もアルバイトしているのと同じように計算されているのです。だから高額謝礼になります。最も治験バイトがある程度高額で通常のアルバイトよりおいしくなければ、宿泊調整等で人気が出ないでしょう。需要と供給のバランスがある程度成り立っているのかも知れません。
【高額になるのはこんな治験】治験が高額になる理由の一つは拘束時間つまり宿泊する期間の長さによりますが、その他にも以下のような負担がかかると謝礼金額がUPする要因です。

【採血回数が多い】1回の採血量は少なくても回数が多いと都度痛い思いをするだろうとのことを考慮して設定されていますが、近年は留置針という点滴時の管のようなものをつけ、そこから採血することが多く、かなり楽になっています。

【検査内容が面倒】たとえば1日ポータブルな心電図や血圧計をつけっぱなしにするとか、排尿や排便の時にすべて採取して提出する蓄尿・便検査がある等

【投与方法が面倒】飲み薬ではなく、点滴等でゆっくり時間をかけて投与したり、予防接種のように筋肉注射等を行ったりする場合です。通院が多いとか参加期間が異常に長い:たとえば長期入院後、半年先まで毎月何回か通院がある等治験初心者の場合、副作用の強いことが予想されている危険な治験ほど、謝礼が高いと思れやすいですが、薬の危険度は治験審査委員会で参加者に投与しても問題ないだろうと検討されていますので一般的には謝礼金額に考慮されていないようです。

それでも単純に計算すると他の試験や他の施設の治験バイトとの兼ね合いで人気が低い治験バイトが出てしまうようで、一定の補正をしているようです。

【最近は平等感を守る為、紹介団体から独自のプレゼントが出る場合も】上記のある程度の補正をしても集まりにくい治験バイトもあるようで、最近では紹介団体から独自のプレゼントを行っているところもあるようです。

謝礼は金銭による誘導であると判断されないように一定の根拠に基づき設定しますので、治験実施施設が集まらないからボーナスをつけるというようなことは原則しないようです。金額の確認をする際、金額の妥当性を上記の観点から検討してみてはいかがでしょうか。

しかしこれも建前で現状、やはり集まりの悪い人気薄の治験は紹介団体が独自にインセンティブをつけている場合もありますので、よく調べて治験を選びたいものです。

関連記事

  1. 治験に参加する時はWeb広告に気をつけて!

  2. 治験参加で稼げ1年シミュレーション

  3. 治験参加-タバコお酒暴飲暴食–

  4. 変わる治験 断られた人へ

  5. 入院治験 を 解説。紹介団体

    治験参加-おすすめと危険の見極め方-

  6. 治験参加のここが心配!-副作用ー

  7. 治験参加 知っておいてデメリット

  8. 治験参加中の過ごし方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。