治験参加 知っておいてデメリット

治験参加 知っておいてデメリット

治験バイトサイトをみて、いいことだけ伝えているのではないかと思われるのもいけませんので、デメリットについてもお話ししておきます。

一番心配なのは副作用ですか

治験に参加する上で、誰しもが心配するのが、副作用についてでしょう。これは紹介する側も実施する側もみんな同じです。では副作用は大丈夫?と問われるとどうでしょう。【大丈夫です】こんな発言をするところは、逆に怪しいと思ってください。治験は研究です。まだ確実にはわかっていないことを調べているものですので、絶対大丈夫ということはありません。お薬が体に影響して、期待していることが起きれば効果、それ以外が副作用です。そういう意味では副作用ない薬ってあるのでしょうか。これは発売しているお薬も同じで非常に少ない確率でもまったく副作用が起きないとは言えないと思います。ですが、考えてみてください。治験は実施前に、いろいろな角度から詳しい専門家が安全に実施できそうな計画を立てますし、研究している会社等はなんらかの不利益が起こった場合、補償や賠償ができる体制を整えています。そういった意味では保険診療以上にあなたのことを見て、慎重に研究が行われていると考えられませんでしょうか。また発売しているものと比べると少ないながらも研究の過程でいろいろな副作用の予測がストックされていきます。海外での状況等も 知ることが できますので、説明会等で 確認してみてください。
もちろん、その治験に リスク を感じたら、遠慮なく 辞退 してみてください。

スケジュールが合わせにくいですか

スケジュールが合わせにくいですか
治験バイトの場合、厳しいものでは施設が決めた日程ですべて実施されますので、あなたのご都合と合わないことも多々あるかもしれません。参加途中でどうして変更できない別の予定が入ってしまった場合、中止せざるをえないことになります。その場合は施設によっては謝礼額が非常に減額になってしまうところもあります。

治療を兼ねたい方ごめんなさい。

治療を兼ねたい方ごめんなさい。プラセボ治験もあります。治療の一環として治験バイトを検討したい方にはデメリットになるかと思いますが、治験バイトの種類によっては参加期間中の心理作用による影響を評価する為、またはお薬候補をつかっていない日常のベースライン=対照物としてどなたかにプラセボ(偽薬:見た目や味等は研究目的のお薬候補とおなじようなものだが、実際には研究目的の成分が入っていないもの)を使ってもらう場合があります。その場合、お薬候補の効果の恩恵を受けることができません。せっかく参加したのにという気持ちになるかもしれませんが、研究にとって非常に重要な位置づけの調査ですので、検証上、必要なこととしてご理解いただきたいところです。しかしもちろん、プラセボがあたるかもしれない治験なら参加しない。でもあなたの自由意思です。ご検討ください。ただし、プラセボ効果といってニセモノの薬でもあたかも効果があったように病気がよい方向に向かう方も治験の内容によってはあるようです。たとえば不眠症の方が暗示作用で眠れてしまったり等。あなたにとってのデメリットは何かを検討の上、ご判断をお願いします。ていきます。海外での状況等も知ることができますので、説明会等で確認してみてください。もちろん、その治験にリスクを感じたら、遠慮なく辞退してみてください。

関連記事

  1. 治験参加-タバコお酒暴飲暴食–

  2. 治験参加 絶対守って重複参加禁止

  3. 治験参加-合格するコツ裏ワザ紹介-

  4. 治験参加中の過ごし方

  5. 治験は副作用が強いほど報酬高い?

  6. 治験参加で稼げ1年シミュレーション

  7. 変わる治験 断られた人へ

  8. 治験は高額謝礼って本当?⇒本当です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。