アセチル-L-カルニチンの効果、効能・副作用

アセチル-L-カルニチンの効果として、医療分野ではがん治療に有効という見解をしてしています。L-カルニチンとアセチル基との結合により成り立つ体内成分であり、体内でアミノ酸より正合成されるのが、脂質代謝にも多く関わりのあるL-カルニチンです。脂肪酸との結合を行い、ミトコンドリア内に脂肪酸を運搬するのが、L-カルニチンの仕事でもあります。人間の体の中に存在をするL-カルニチンは、その一部がアセチル-L-カルニチンでの存在です。

人間の体の中にはL-カルニチンの存在がありますし、そのうちの1割ほどというのが、アセチル-L-カルニチンの状態ということになります。L-カルニチンはサプリメントでも知っている人もあるでしょうが、アセチル-L-カルニチンはあまり馴染みはないかもしれないです。

血液脳関門を通過するアセチル-L-カルニチンは、そのまま脳内へと到達をします。こうして自然にアセチルコリンの量を、順調に増加させることになります。運動神経の末端から放出されるアセチルコリンは、副交感神経などの末端から放出でもある、神経伝達物質になります。このアセチルコリンは少なくなってしまうと、脳内の働きに関わりますので、アルツハイマーとの関わりに関しても医療の世界ではしてきをされているものです。

アルツハイマーの初期症状を改善するためにも、アセチル-L-カルニチンの存在が、改善に有効とも言われています。脂肪燃焼を促すことのできるアセチル-L-カルニチンは、体内でのエネルギーの生産を高めることになります。それは抗癌剤治療をする患者さんの感じる、倦怠感を少しでも軽くするためにも役立つものとなるのです。抗がん剤を使うことで、末梢神経はダメージを受けますが、アセチル-L-カルニチンによりそのダメージは、少なくなりますし、さらには修復にも役立つこととなります。

L-カルニチンは、日本国内におきましても、健康食品のサプリメントとしても、市販されている成分です。でもアセチル-L-カルニチンの方は、健康食品のサプリメントということでは、現段階で許可はされてはいません。病院でのがん治療のために利用をするのであれば、アセチル-L-カルニチンのほうが、L-カルニチンよりも効果をもたらすことになります。

アセチル-L-カルニチンを利用することで、抗がん剤のもつ効果を高める効能が期待できます。L-カルニチンはサプリメントでも知られるので、脂質の燃焼をしてええるギーの生産のためになるという、運搬業務があることは知られています。体脂肪の燃焼促進になりますので、日本においてのL‐カルニチンの存在は、痩せたい願望を持つ人たちのダイエットの補助として、サプリメントで人気を博しています。

L‐カルニチンは細胞のエネルギー生産効率をアップさせる作用もあるので、疾患などの治療としても重宝をされます。アセチル-L-カルニチンは、L‐カルニチンにアセチル基が結合して成り立ちます。アセチル-L-カルニチンは、細胞においてL-カルニチンへと変換をするために、L-カルニチンと同様に、胎内脂質の燃焼をアップさせる作用にもなります。

薬物の神経障害や、糖尿病性神経症など、神経障害を改善するためにも役に立ちます。神経細胞を修復させるためにも役立ちますし、再生をさせることにも力になります。抗がん剤のおける副作用である、神経障害に対しましても、改善をする役目を持ちますし、予防にも役立ちます。

アセチル-L-カルニチンは摂りすぎ副作用にも注意をする必要があるので、過剰な摂取は控えないとなりません。4000mg以上の摂取を1日でしてしまいますと、下痢の症状が出たり、吐き気を感じるなどの副作用が出る事があるので、摂取には注意をすることです。

関連記事

  1. ビタミンB2の効果と効能・副作用

  2. ルテインの効果と効能・副作用

  3. コエンザイムQ10の効果・効能・副作用

  4. 入院治験 を 解説。紹介団体

    オリゴ糖の効能・副作用

  5. シトルリンの効果・効能・副作用

  6. セレンの効果と効能・副作用

  7. ビタミンA(レチノール、カロテン)の効果と効能・副作用

  8. マグネシウムの効果と効能・副作用

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。