ルテインの効果と効能・副作用

ルテインは植物の色素成分であるカロチノイドの一種で、主にマリーゴールドなどから多く摂取することができます。ルテインという名前はなんとなく耳にしたことがあるという人もいるかと思いますが、いったいどのような効果や効能を持ち、人間の体にどのように働くのでしょうか。


ルテインは、人間の体内に吸収されると、そのほとんどは目の網膜や水晶体に蓄積されることになります。ルテインは強い抗酸化作用を持ち、眼球の中で、その力を発揮します。水晶体や網膜が酸化してしまうのを抑え、目の病気や視力の低下、眼精疲労など、様々な目のトラブルに欠かすことができない成分なのです。
人間の体の中で活性酸素が必要以上に増えると、老化の原因となります。紫外線も活性酸素が増える原因の一つといえます。紫外線を防止する方法として、日焼け止めクリームを利用する人が多いかと思いますが、眼球を紫外線から守るために、日焼け止めクリームを直接塗るわけにはいきません。そんな時に眼球の日焼け止めの役割を果たすのがルテインなのです。ルテインは、紫外線や可視光線のうち、青白色の部分だけを吸収し、眼球内の組織を保護する役割があります。またたとえ光の一部が細胞に侵入してしまったとしても、その抗酸化作用によって眼球を守ることができるのです。ルテインは遮光や抗酸化の二つの力を備えているということになります。


目に有害なものは紫外線だけではありません。紫外線よりも強力で高いエネルギーを持つのが青い光です。この青い光は細胞に与えるダメージも最強なのです。

この青い光の正体が蛍光灯、テレビ、パソコン、ゲーム、スマートフォンなどから発せられる光というわけです。目を光から保護しようと考えた時に真っ先に思いつくのは紫外線かもしれませんが、外出していなくてもパソコンやスマートフォンからは強力な光を放っているのです。しかし紫外線だけでなく、この青い光にもルテインが活躍することがわかっています。

それではルテインは、どのような食べ物に多く含まれているのでしょうか。ルテインは体内で生成することができないため、目をしっかりと保護するためには、ルテインを摂取する必要があります。ルテインを多く含む食材は緑黄色野菜です。その中でもほうれん草やケール、ブロッコリーに特に多く含まれ、これらの他にもカボチャや人参、レタス、グリーンピースなどからも摂取することができます。また果物にも多く含まれ、グレープフルーツ、スイカ、ブルーベリーなどにも多く含まれています。緑黄色野菜は、酸化されにくいオリーブオイルなどで炒めると成分がぬけにくいと言われています。また肉や魚料理と一緒に摂取することで、効率よく摂取することができるでしょう。

一日のルテインの摂取量としては、6ミリグラムが望ましい量と言われています。ルテイン6ミリグラムとは、だいたいほうれん草60グラム分ほどに相当し、ほうれん草の約3分の1束ほどと言われています。ルテインをサプリメントから摂取することも可能ですが、1日35ミリグラムを1週間摂取し続けても問題がなかったということは確認されています。
そして気になるのがやはりルテインを摂りすぎたことで引き起こされる副作用ではないでしょうか。ルテインの摂りすぎ副作用としては、ルテインは緑黄色野菜に多く含まれる成分であるため安全性に問題はありません。サプリメントで摂取する場合にも正常な状態で摂取するのであれば、問題はありません。しかし飲酒の前後や喫煙と同じ時間帯に摂取することは避けた方がよいでしょう。摂取法によっては目のかゆみや腫れ、咳、ぜんそく、胸やけなどの症状があらわれることがあります。

関連記事

  1. ビタミンCの効果と効能・副作用

  2. キチン・キトサンの効果と効能・副作用

  3. アスタキサンチンの効果と効能・副作用

  4. DHA(ドコサヘキサエン酸)の効果と効能・副作用

  5. 乳酸菌の効果と効能・副作用

  6. カプサイシン・カプシエイトの効果と効能・副作用

  7. パントテン酸の効果と効能・副作用

  8. プロテイン(たんぱく質)の効果と効能・副作用

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。