治験・臨床試験・臨床研究の違い

治験・臨床試験・臨床研究の違い

治験というキーワードでネット検索すると“臨床試験”“臨床研究”という言葉をよく目にします。内容をみていると治験と何が違うのかな?と感じたことはございませんか。健康食品(中でもトクホと言われるもの)等で、【臨床試験の結果公開】というようなキャッチコピーを目にしたことはございませんか。実は健康食品の【臨床試験】はありますが、【治験】はないのです。では何が違うのでしょう。

【治験とは】現在、私たちが使用している「薬」は多くの人々の協力を得て、その効果や安全性について調査し、そのデータを厚生労働省が厳正に審査した後、承認を得て製造・販売されています。このようなお薬候補の効果や安全性を実際に人に参加してもらい調査する研究を「治験」といいます。【キーワード】“お薬候補・承認申請用・人対象の調査”

【臨床試験とは】何らかの介入(お薬・お薬候補・健康食品を使ったり、治療や指導をおこなう等)を行い、その介入による効果等の結果を検証する試験を「臨床試験」といいます。【キーワード】“治験も含め・何かをしたらどうなるかをみる・人対象の調査”

【臨床研究とは】人を対象とした医学的な研究全般を「臨床研究」といいます。患者さんのQOL(生活の質)改善や病気の原因調査・本当に良い治療であるかなどを調査していきます。【キーワード】“人対象の調査全般”

【つまり】お薬候補“治験”<何かを試す“臨床試験”<とにかく人で”臨床研究“知ってしまえば、簡単ですね。おさらいです。【お薬の臨床試験】はあります。健康食品を“お薬候補”として“承認申請”する試験ではないので、【健康食品の治験】はありません。健康食品をお薬として開発し直すことになれば初めて“お薬候補”になり、【治験】を行うことになります。*このサイトでは治験を主に紹介します。一部、臨床試験等を治験と表現する場合がございます。例:お薬候補・人対象の調査だが、承認申請用でない場合でも治験と表現する場合がございます。あらかじめご容赦ください。

関連記事

  1. 治験参加-増える女性・高齢者対象治験-

  2. 治験はどうやって行われるの?

  3. 自分にあった治験を探すことのむずかしさ

  4. 治験はお金がもらえるのにボランティアなの?

  5. 【お薬の開発】

  6. 危険な治験( あなたにとって最良の選択ではない治験とは? )

  7. 治験実施施設のスタッフはどんな人?

  8. 治験参加申込と辞めるときの心構え!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。