治験参加で稼げ1年シミュレーション

治験参加で稼げ1年シミュレーション

治験をライフワークの一つとするほどボランティアに目覚めた方にはぜひ、目標を持って取り組んでいただきたいと思います。もちろん謝礼のみを目標にするわけではないですが、目安として下記のような設定をすると、その社会貢献度が高いであろうことが明確です。自分なりの目標値を立ててがんばってください。と調べていて気付きました。感覚としてですが、数年前より謝礼の相場が1.3倍くらい上がっています。(2021年現在)

通院タイプを希望する方の目標値は15万。

普段、お仕事などが忙しいが、治験参加で社会貢献をしながら体調管理してみたい方とか、病気になってしまったが毎月通うモチベーションが保てなさそうな方に向いています。月一回程度の通院を無理なくこなしていきながら、治療や社会貢献に向き合いましょう。月1万円程度の試験を年に1つか2つ参加して10万円を目指してはいかがでしょうか。

短期宿泊タイプを希望する方の目標値は40万。

ちょっとだけ時間があるという方に向いています。2泊2回とか4泊1回程度を短期治験のスタンダードとすると、10万円程度~15万円程度。1回治験に参加すると採血量やお薬候補の特性を検討し、一定期間の治験に参加できない休薬期間が設けれます。通常は3~4ヵ月空けるように指示されますので、うまくすると年に2~3回参加できることになります。競争率の激しい治験バイト等で参加できない場合もありますので、無理なく年2回30万円を目指してはいかがでしょう。短期試験だけでもうまくすると40万円程度を狙える場合もあります。

長期宿泊タイプを希望する方の目標値は100万行きましょう。

自由人やどこでも仕事ができる方・仕事にオン・オフシーズンがある方等が長期タイプに向いています。長期試験はその内容から非常に変化に富んでいます。たまにビックリするような治験、たとえば1ヵ月以上の入院と半年にわたる定期的な宿泊検査等も行われる場合があります。期間は研究目的によって決まりますので、常に定期的にこのような治験バイトがあるとはかぎりません。見つけたらすぐ申し込んでください。このような治験バイトはたまにしか現れませんし、他の試験同様に休薬期間もありますので、年に1回で60万円超えの治験を1つと何とか30万円超えの治験を1つ見つけて参加しましょう。入院期間中の食事も治験バイト実施施設から提供されますので、謝礼を貰いつつ、生活費も最小限。実質的には100万円程度の利益があるのではないでしょうか。あとは半分仕事にするなら150万くらい目標かな。

ひとり暮らしの日々勉学に勤しむ学生さんやオフシーズンのあるお仕事をしている方には病院で勉強等に勤しみながら社会貢献と実益を得られるチャンスです。がんばってください。ただし入院中の自宅の戸締りや郵便物の処理方法等は十分気をつけてください。入院中は帰れませんよ。は最低限、押さえておきたいところです。

関連記事

  1. 治験参加-タバコお酒暴飲暴食–

  2. 治験参加 絶対守って重複参加禁止

  3. 治験参加中の過ごし方

  4. 入院治験 を 解説。紹介団体

    治験参加-おすすめと危険の見極め方-

  5. 治験参加 知っておいてデメリット

  6. 治験とダブルでおトク!食品試験

  7. 治験は副作用が強いほど報酬高い?

  8. 治験参加-合格するコツ裏ワザ紹介-

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。