入院治験 を 解説。紹介団体

治験参加-おすすめと危険の見極め方-

治験参加-おすすめと危険の見極め方-

インターネットで“治験”を検索するとたくさんの施設や紹介団体がいろいろな治験を紹介しています。 あなたがもしも治験をアルバイトとして考えているのなら、予備知識のないあなたはキットどれを選んだらよいか迷い、施設や紹介団体の紹介する治験にエントリーすることになるでしょう。これはある意味、参加しやすい治験を紹介してくれているという前向きな考えもできますが、一方、集まりにくいおいしくない治験を紹介されている可能性もあります。インターネットの氾濫する情報からよりよい情報を選別することは実は非常に重要なことなのです。多種の情報に惑わされず、お得な治験を見つけてください。下記は参考例になります。コツをつかんでください。良い治験が見つかることを祈っています。
【おすすめ治験】
まずは自分の体調にあった試験であるかを確認ください。健康か、患者予備群か、患者治験か。その上で短期入院タイプ・長期入院タイプ・通院タイプのいずれがよいのかも検討しておくこと。その後に各施設や紹介団体のホームページや登録している方なら案内メールをみてください。その上でスケジュールと謝礼金を確認します。謝礼の目安としては1泊あたり2万円、通院では1回あたり1.5万円を超えるものはお得な部類に入るでしょう。詳細を吟味するようにしてください。ただし、謝礼金が高くなるには理由があります。単に採血回数が多い場合は、留置採血という点滴と同じような管をつけてそこから採血する場合が多く身体的な負担も少ないですが、内容によっては精神神経に効果を及ぼすお薬で、気持ちが悪くなったり、特殊な検査で気分的につらいものもあります。たとえば参加中、たくさんの計算問題をさせられるとか、便の検査で全量採取するとかです。これらに抵抗がなければ謝礼は高額になり易いため、狙い目です。
【危険な治験(あなたにとって最良の選択ではない治験とは?)】
お得なという面では、参加中いろいろなことをさせられるものが高額になり易いので、協力を惜しまないタイプの方であれば、時給計算でお得の度合いが量れます。ただし、楽して儲けたいというタイプの方であれば、むしろ生物学的同等性試験(2泊2回等)が良いでしょう。これは多くの方が既に使用している薬とその後発品ですので、予想外の副作用が出ることは非常に少ない試験になります。採血回数は多いですが、投与日の午前中に採血が集中していますので、午後は自由な時間が多いのが特徴です。患者さんとしてメリットを感じたければ通院試験になります。保険診療を受けながらというパターンが多いですが、診察代程度の負担で、詳しい検査やお薬候補を無料で受けられ、一定の謝礼ももらえるので、金額は安めですが、健康管理という面からは中高年にはもってこいかと思います。
【注意が必要な治験は?】
ではどんな試験が要注意かをお伝えすると、まず大々的な広告を打っている治験はよくよく吟味が必要でしょう。どんな世界でもそうですが、売りたいものに広告をかけます。ほったらかしにしたら集まらない難しい治験や短期間でどうしても多く集めなけらばならない治験も多いようです。参加しやすく、はじめての方も含め、多くの方を募集しているものも多々ありますので、見極めが難しいですが、メール等でなんども参加を呼びかけるような治験は要注意でしょう。スケジュールがタイトとか、謝礼が安いとか、内容がヘビーとか何かあるかもしれません。似たようなスケジュールでもっと割のよい治験がある場合もあります。あえて火中の栗を拾い、得をすることもありますので、詳しく内容を聞いて判断してみてください。特に募集人数と実際の投与予定数・予約状況・お薬候補の内容(どんな副作用が予測されているか)は最低限、押さえておきたいところです。

関連記事

  1. 治験は副作用が強いほど報酬高い?

  2. 治験参加で稼げ1年シミュレーション

  3. 変わる治験 断られた人へ

  4. 治験参加-タバコお酒暴飲暴食–

  5. 治験参加-合格するコツ裏ワザ紹介-

  6. 治験参加中の過ごし方

  7. 治験参加のここが心配!-副作用ー

  8. 治験参加 絶対守って重複参加禁止

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。