どんな治験が実施されているか?とりあえず知りたい

どんな治験が実施されているか?とりあえず知りたい

一体、日本で現在、いくつの製薬会社がいくつの治験を実施しているのだろうか。…。こたえは私も知りません。もちろん、治験にはトレンドがあります。たとえば1つのセンセーショナルな薬剤治療の考え方が発表されるとその考えにあったターゲット成分をいろいろな製薬会社が探すことになります。結果、同時期に同様の性質の近い成分を薬として開発する製薬会社が増えていきます。そして開発のスケジュールも似たようなスケジュールになり、発売前の水面下の研究合戦が繰り広げられることになります。そのため、時期によっては特定の疾患のお薬が多く実施されている時期があります。たとえば20年前は高血圧や高脂血症のお薬、10年前は糖尿病薬など、近年では認知症薬や癌の薬など開発のトレンドはもちろんあります。また一方で開発のトレンドというほどではないがいろいろな薬の治験が日本のどこかで行われています。

どんな治験がおこなわれているか 調べてみたい

どんな治験が行われているかを知ってみたい方は、とりあえず下記のサイトをみるとよいと思います。こちらは治験に直接参加するためのサイトではありませんが、いろいろな製薬会社がイロイロな治験を実施しているということがわかるサイトです。

製薬協 開発中の新薬 会社一覧

日本で薬を開発している多くの製薬会社が加盟している日本製薬工業協会というところのホームページにどの製薬会社がどのような薬を開発しているかが書かれています。もちろん、こちらに掲載されているものが開発されているもののすべてではありません。各社、生き残りをかけお薬を開発していますので本当のトップシークレットな治験(新薬)も存在しているのでしょう。しかし多くの情報が載っていますので、興味がある方は覗いてみてはいかがでしょうか。

病気になったら、本当に治験に参加したい方

残念といってしまうと語弊がありますが、上記のサイトを調べてみても、やはりまだ海外の方が開発が進んでいるケースが多いと感じるでしょう。また開発されているものがすでに発売している成分のなんらかの変更であったり、海外でのデータをもとに日本でも治験をしてみるというスタンスであろうものが多々見られるのも事実です。
またのサイトに掲載されていてもどこで実施しているかわからず、治験参加へのプロセスを見つけられない方も多いでしょう。
本当に本当にその治験に参加したい方は想像してみてください。
多種の製薬会社が治験を行っています。しかし実施をサポートしている大手の会社(SMO:サイトマネージメントオーガナイゼーション)は数社です。症例(治験に参加してもらう参加者の数)が多ければ多いほど、大手の会社、複数に依頼します。この業界を知っている人にとっては検索しやすい条件になります。つまり症例数が多い治験であれば、なんらかのつながりで大手を検索することは十分可能です。また逆に珍しい疾患で症例が少ない場合はその疾患から専門医を検索し、その専門医の情報を調べることで治験に近づくことがこちらも可能性としては十分あります。本気で治験を探したい人は当サイトへも相談いただければこれらを駆使して、できるかぎりのことをしたいと思います。

関連記事

  1. 【お薬の開発】

  2. 知っていますか。トクホと機能性表示食品等の臨床試験。

  3. インフォームドコンセント

    混合診療と保険外併用療養費制度

  4. 治験はどうやって行われるの?

  5. 治験参加を辞めたいときは辞められる?

  6. 治験・臨床試験・臨床研究の違い

  7. 危険な治験( あなたにとって最良の選択ではない治験とは? )

  8. 自分にあった治験を探すことのむずかしさ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。