ビタミンB2の効果と効能・副作用

ビタミンB2は、成長ホルモンの合成に関するビタミンで、別名「発育ビタミン」とも呼ばれています。
細胞レベルでエネルギーを獲得したり、物質代謝や薬物代謝に関与しています。
また、脂質の代謝を行うことで動脈硬化の抑制や脳の活性化などの効果もあります。また、皮膚や粘膜の代謝の活性化や、成長ホルモンの生合成にも深く関わっています。
トリプトファンからナイアシンを合成したり、副腎皮質ホルモンの生成にも関わっています。
粘膜や皮膚の代謝を正常化させるので、ターンオーバーが正常化して肌がきれいになるという効能があります。また、呼吸器は粘膜で作られているので、この粘膜を正常化させて呼吸器系の疾患の治療をすることもできます。
動脈硬化に対しては、ビタミンEと併用することでより効果を発揮します。ビタミンB2が不足してしまうと皮膚に異常が出やすくなります。
ビタミンB2は動物性たんぱく質や醸造酵母に多く含まれていますが、ビタミンB2を消費してしまう生活を送っていると不足による症状があらわれる可能性があります。
消費させてしまう生活には、野菜ばかりを食べるベジタリアンや過酸化脂質が大量に含まれる食品の摂取などがあります。また、他のビタミンB群の摂取不足によって吸収不良によって起こることもあります。ビタミンB群は全体でバランス良く働いているので、どれかひとつでも不足すると他の栄養素の吸収率が下がってしまうことがあります。
他には、抗生物質や精神安定剤、ステロイドホルモンの多用によってもビタミンB2は減っていきます。
妊娠や授乳期は減少しやすいですし、ストレス過多や糖尿病、下垂体疾患などでも不足しやすい傾向があります。
ビタミンB2が不足してしまうと、角膜のまわりに新しい血管が作られて、角膜内部に侵入します。その結果、涙目や眩しく感じるなどの症状が出てきます。ビタミンB2欠乏症でよく挙げられるのは、この光過敏症です。
他には、口の中に灼熱感や疼痛が起こり舌の表面のザラザラした部分が消えてしまいます。皮膚が脂ぎるのに、鼻・口・額・耳のまわりは表皮がはがれ落ちたり、口角炎などができやすくなります。
また、体毛が脱毛したり、眉毛がなくなったり、髪が薄くなることもあります。
ビタミンB2はビタミンB6と同量摂るのが好ましいと言われています。アルコールには脂肪分解を妨げる働きがあります。なので、アルコールの摂取時にはビタミンB2の必要量が増えます。脂肪分が多い食事をした時にも、必要量が多くなります。
ビタミンB6と同量摂取するのが望ましいのは、それぞれが相互作用を持っているからです。得にビタミンB2が欠乏するとビタミンB6の活性型(ピリドキサールリン酸)の組織内レベルが低下したり、葉酸が再生されづらくなります。
ビタミンB2を摂取することで得られる効果は、子どもの成長を促進したり、体重を増やすといったことです。また、小児の肛門周囲皮膚炎の改善にも有効です。肛門や膣のかゆみを改善させる効果が期待できます。
口内炎や口角炎、くちびるの水疱などは、ビタミンAと一緒に摂取するとより効果的です。
美容に関しては、フケを減らしたり、シミを減らすといった効能があります。シミの改善のためには、ビタミンCとEと合わせて摂取するのが効果的です。
ビタミンB2は予防段階では50mg、病気の改善などの治療目的では100〜200mg摂取すると良いです。
ただし、摂りすぎ副作用には注意が必要です。ビタミンB2は水溶性のビタミンなので、不要なぶんは尿と一緒に排出されるので過剰症にはなりにくいですが、サプリメントの場合は摂りすぎに繋がり、しびれやかゆみが起こることがあります。

関連記事

  1. ヒアルロン酸の効果と効能・副作用

  2. アスタキサンチンの効果と効能・副作用

  3. フコイダンの効果と効能・副作用

  4. α-リノレン酸の効果、効能・副作用

  5. 鉄の効果と効能・副作用

  6. ビタミンCの効果と効能・副作用

  7. ケルセチンの効能・副作用

  8. パントテン酸の効果と効能・副作用

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。