危険な治験( あなたにとって最良の選択ではない治験とは? )

危険な治験( あなたにとって最良の選択ではない治験とは? )

お得なという面では参加中いろいろなことをさせられるものが高額になり易いので協力を惜しまないタイプの方であれば、時給計算でお得の度合いが量れます。ただし、楽して儲けたいというタイプの方であれば、むしろ生物学的同等性試験(2泊2回 等)が良いでしょう。これは多くの方が既に使用している薬とその後発品ですので、予想外の副作用が出ることは非常に少ない試験になります。採血回数は多いですが、投与日の午前中に採血が集中していますので、午後は自由な時間が多いのが 特徴です。患者さんとしてメリットを感じたければ通院試験になります。保険診療を受けながらというパターンが多いですが、診察代程度の負担で、詳しい検査 や お薬候補を無料で受けられ、一定の謝礼ももらえるので、金額は安めですが、健康管理という面からは中高年にはもってこいかと思います。治験に参加する意義を今一度見つめなおしてみてください。健康管理か治療の一選択しか、短期高額アルバイトか長期高額アルバイトかその目的によって選ぶ治験はおのずと見えてきます。1度参加するとしばらく他の治験バイトに参加できないものがほとんどですので、選ぶ際は慎重に選んでください。

関連記事

  1. 治験はお金がもらえるのにボランティアなの?

  2. インフォームドコンセント

    混合診療と保険外併用療養費制度

  3. 治験参加申込と辞めるときの心構え!

  4. 治験・臨床試験・臨床研究の違い

  5. 治験実施施設のスタッフはどんな人?

  6. どんな治験が実施されているか?とりあえず知りたい

  7. 治験参加を辞めたいときは辞められる?

  8. 治験はどうやって行われるの?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。