治験実施施設のスタッフはどんな人?

治験実施施設のスタッフはどんな人?

治験に参加すると施設のいろいろなスタッフと会うことになります。実は医療機関は医師や看護師だけではありません。

【治験は医師だけではできない】

治験はお薬候補を使う調査です。これは(効果として)よくも(副作用として)わるくも体に何らかの影響を与える可能性があるものです。よって治験は然るべき対応ができるスタッフが行うようルールが定められています。具体的に言いますと、治験をはじめ研究についての経験豊富な医師を中心にした医療スタッフが担当します。しかし治験は医師だけではなく、特に第1相治験施設等専門施設ではあなたの体調をケアし、採血等を行う看護師や採血に代表される検査・測定を行う臨床検査技師、等その治験に合わせた医療スタッフがあなたの参加する治験バイトをサポートしています。また治験が適切に行われるように治験をコーディネートするスタッフや治験で使われるお薬候補を適切に管理する薬剤師等、いろいろなスタッフのもと、行われます。特に第1相治験実施施設では参加者をサポートする部署があるところが多いですので安心です。具体的にいいますと、お薬候補を管理する薬剤師や皆さんの皆さんの体調を確認しケアする看護師、血液検査や生理検査などを行う臨床検査技師、施設によっては栄養士や放射線技師などの医療スタッフが皆さんをケアしていきます。もちろん事務職の方も治験実施の準備などでサポートしています。また第2・3相治験のような一般的な医療機関でも治験をサポートする治験コーディネーター(CRC)があなたと医師の間にたって検査が適切に行われるようにサポートしていることが大半です。ですので、治験に参加するといろいろなスタッフがあなたの体調を気にかけてくれます。不安に思う事や相談事があればスタッフにお声をかけてみてはいかがでしょうか。治験施設のスタッフがどんな人かわかりましたか。ぜひ知り合いを作ってください。医療の知識も得られるかも。どんどん健康になって。スタッフと仲良くなることによって、より治験や医療について知識が増えることと思います。治験に参加することで単に謝礼を得ることだけでなく、あなたの健康に寄与できるようになること、つまり体を提供する危険なではなく、体調管理をしながら、医学の知識を得られる更に社会貢献でおまけがついてくるボランティアというようになれればよいとこのサイトでは願っています。

関連記事

  1. 危険な治験( あなたにとって最良の選択ではない治験とは? )

  2. 治験はどうやって行われるの?

  3. 【お薬の開発】

  4. 治験はお金がもらえるのにボランティアなの?

  5. 治験参加を辞めたいときは辞められる?

  6. 知っていますか。トクホと機能性表示食品等の臨床試験。

  7. インフォームドコンセント

    混合診療と保険外併用療養費制度

  8. 治験・臨床試験・臨床研究の違い

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。